乾燥機付きの洗濯機15選!縦型・ドラム式のおすすめモデルをチェック

author-avatar
下取りガイド 川辺 あさひ

「家事を減らしたいから、乾燥機付き洗濯機が欲しい」

「ただ、値段も高いし導入するべきか迷っている…」

など、乾燥機付き洗濯機選びで悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

まず結論からお伝えすると、「天候に左右されず洗濯できること」「時間と手間の節約になること」に魅力を感じる人は、乾燥機付き洗濯機の導入を前向きに検討するべきです。

本記事では、乾燥機能付きの洗濯機をおすすめする理由や、購入を検討するときに抑えておきたいポイントについて解説しています。

また、縦型式とドラム式それぞれでおすすめの洗濯機をピックアップしていますので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

\下取り品の高額査定が続出中!/

「PR」ノジマで買い替えると最大7万円の買取キャッシュバック!

洗濯機を買い替えるなら下取りチェッカー

下取り値引きと買取キャッシュバックはなにが違うの??

例)パナソニック 12.0㎏ドラム式洗濯機 NA-LX125A をデジタル家電専門店ノジマで購入する際 

ノジマのWEBチラシ洗濯機

引用:ノジマのWEBチラシ

販売価格              250,800円
下取りありで最大          -20,000円
ノジマ指定モデル下取り値引きなので -10,000円
さらに下取り品が買取対象なら最大  -50,000円 のキャッシュバック!

※2022年8月現在のサービス内容です。予告なく変更することがございます。

下取り値引きとは…壊れていても、古くても下取り品があれば値引きの対象。
買取キャッシュバックとは…下取り品の買取サービスです。買い替えるまえに下取りチェッカーを利用して査定証明を取得する必要がございます。

※買取キャッシュバックサービスは、株式会社ノジマと株式会社アシストが提携して提供している下取りサービスです。下取チェッカーに関するご質問やご連絡は株式会社アシストまでお問い合わせください。

\自動査定だから、24時間対応/

下取りチェッカー

乾燥機付きの洗濯機をおすすめする理由

まず、乾燥機付きの洗濯機をおすすめする理由を解説していきます。

乾燥機付きの洗濯機を使用する最大のメリットは「天候に左右されないこと」「時間と手間を節約できること」の2つです。

それでは、具体的に解説していきます。

天候に左右されない!

雨の日や花粉が多い季節などになると、洗濯物が部屋干しになったり、なかなか乾かずに生乾きの臭いがついてしまうことも多いですよね。

乾燥機付きの洗濯機であれば、天候に関係なくいつでも洗濯することができます。

「洗濯のタイミング」「生乾きの臭い」といった悩みを一気に解決できるメリットがあります。

時間と手間を節約できる!

洗濯は、時間と手間がかなりかかる家事です。

なかでも洗濯物を干して取り込むまでの作業は、特に時間がかかってしまいますよね。

しかしこちらも、乾燥機付きの洗濯機を使えば洗濯物を干す必要がなくなるため、大幅な時短になります。

これら2つのメリットに大きな魅力を感じる人は、ぜひ乾燥機能付きの洗濯機の導入を検討してみてください。

乾燥機付きの洗濯機を選ぶときに気を付けること

それでは、乾燥付きの洗濯機を選ぶときにチェックすべきポイントを紹介していきます。

乾燥付きの洗濯機といっても、乾燥方式の違いや容量・設置スペースなど、事前に知っておくべきポイントは多くあります。

特に設置スペースの問題は、「せっかく購入したのに家に設置できなかった…」というケースにもつながります。

購入後に満足して使うためにも、これから紹介する内容を参考にしてみてください。

乾燥機能には違いがある

1つめは、乾燥機能の違いです。

乾燥機能は「ヒートポンプ式」と「ヒーター式」の2種類に分けられます。

ヒートポンプ式とヒーター式を比較し、それぞれに「◯」「×」で優劣を付けてみました。

あくまで比較時の優劣にはなりますが、購入時の参考にしてみてください。

乾燥方式

ヒートポンプ式

ヒーター式

衣類の痛み

電気代

本体価格

乾燥中のドアの開閉

乾燥機能の使用頻度が高い人は、電気代などのランニングコストに倍近く差があるため、ヒートポンプ式を選ぶのがおすすめです。

一方で乾燥機能をあまり使わない人は、ヒーター式を選んで初期費用を少なめにしたほうが、トータルコストを抑えられるということも覚えておきましょう。

どのくらいの容量で選ぶべき?

2つめは、容量についてです。

洗濯機の容量の選び方は、「1日の洗濯量1.5kg×世帯人数」で考えるのが良いとされていますが、乾燥機付きの洗濯機の場合には、乾燥容量もチェックする必要があります。

乾燥容量は基本的に洗濯容量の半分に設定されているため、乾燥機付きの洗濯機を選ぶときには少し大きめの容量の物を選ぶようにしましょう。

 

設置・搬入スペースは大丈夫?

特にドラム式洗濯機をえらぶときに気をつけてほしいのが、設置スペースと搬入経路のスペースについてです。

せっかく購入した洗濯機が「設置しようとしたらスペースにハマらなかった…」とならないように、事前に設置場所と搬入経路のサイズを採寸しておく必要があります。

具体的に確認する場所は以下のとおりです。

  • 防水パンのサイズまたは洗濯機の設置スペース
  • ドラム式の場合は扉の開閉スペース
  • 搬入経路(玄関の入口、階段、エレベーター、通路)

また配送する業者によって搬入経路や設置場所がギリギリだと、断られるケースもあるので、配送業者にも事前に相談しておきましょう。

 

乾燥機付きの洗濯機は縦型とドラム式どちらを選ぶ?

それでは、乾燥機付きの洗濯機を選ぶときに、縦型とドラム式のどちらを選んだほうが良いのかを解説していきます。

結論としては「泥汚れが多い」「初期費用を抑えたい」人は縦型、「家事にかかる時間や労力を少なくしたい」「洗濯物が多くない」人にはドラム式がおすすめです。

縦型とドラム式にはどのような違いがあるのか、それぞれの特徴をまとめたので、どちらが自分に合っているか参考にしてみてください。

縦型の特徴

縦型洗濯機のメリットとデメリットは、以下になります。

 

【縦型洗濯機のメリット】

  1. 泥汚れ系の洗浄力が高い
  2. サイズが小さいため、設置スペースに困らない
  3. 価格が安い
  4. お手入れ箇所が少ない

 

【縦型洗濯機のデメリット】

  1. 水道代や乾燥機能の料金が高い
  2. 機能が少ない
  3. 乾燥しにくくシワになりやすい

ドラム式と比べた縦型洗濯機の特徴は、低価格で洗浄力は高いが、乾燥機能が弱いというところにあります。

そのため縦型洗濯機の乾燥機能は、梅雨や冬などの洗濯物が乾きにくい時期や急いで乾かしたいときだけ使う、という目的で使用するのがおすすめです。

乾燥機能を毎回使うことを考えているのであれば、ドラム式を選ぶのがよいでしょう。

ドラム式の特徴

続いて、ドラム式洗濯機のメリットとデメリットを紹介します。

 

【ドラム式洗濯機のメリット】

  1. 洗濯から乾燥まで自動でおこなってくれる
  2. 少量の水で洗濯するため、水道代がおさえられる
  3. 便利機能が優れている製品が多い(ハイエンドモデルが多い)
  4. デザイン性に優れた製品も多い

 

【ドラム式洗濯機のデメリット】

  1. 縦型よりも価格が5〜10万円高い
  2. サイズが大きいため、設置スペースの問題がある
  3. 洗濯物同士で色移りしやすい
  4. メンテナンス箇所が多い

ドラム式洗濯機の最大の特徴は、洗濯から乾燥まで自動でおこなってくれるというところにあります。

泥汚れなどが多い家庭には向いていませんが、「家事にかかる時間や労力を少なくしたい」という人には、ドラム式洗濯機をおすすめしています。

縦型洗濯乾燥機のおすすめ7選

それでは、乾燥機付きの縦型洗濯機のおすすめ機種を紹介していきます。

今回紹介するモデルは、各販売サイトのランキングやレビューなどを参考に作成いたしました。

縦型の乾燥機付き洗濯機の購入を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

TOSHIBA AW-8VM2

出典:TOSHIBA AW-8VM2|TOSHIBA

参考価格(税込)

98,990円

洗濯・脱水容量

8kg

乾燥容量

4.5kg

本体の重さ

46kg

サイズ(幅×奥行き×高さ)

600×605×1,021mm

運転音(洗い時/脱水時/乾燥時)

26dB / 37dB / 45dB

機能

洗浄温か抗菌 / メガシャワー洗浄 自動お掃除モード

 

Panasonic NA-FW10K1

出典:Panasonic NA-FW10K1|Panasonic

参考価格(税込)

189,783円

洗濯・脱水容量

10kg

乾燥容量

5kg

本体の重さ

51kg

サイズ(幅×奥行き×高さ)

599×664×1,089mm

運転音(洗い時/脱水時/乾燥時)

32dB / 37dB / 45dB

機能

スゴ落ち泡洗浄 / 液体洗剤・柔軟剤自動投入 / スマホで洗濯 / AIエコナビ

 

Panasonic NA-FW80K9

出典:Panasonic NA-FW80K9|Panasonic

参考価格(税込)

99,800円

洗濯・脱水容量

8kg

乾燥容量

4.5kg

本体の重さ

51kg

サイズ(幅×奥行き×高さ)

599×664×1,089mm

運転音(洗い時/脱水時/乾燥時)

32dB / 37dB / 45dB

機能

泡洗浄 / 液体洗剤・柔軟剤自動投入 

 

HITACHI BW-DX100H

出典:HITACHI BW-DX100H|HITACHI

参考価格(税込)

225,720円

洗濯・脱水容量

10kg

乾燥容量

5.5kg

本体の重さ

55kg

サイズ(幅×奥行き×高さ)

610×660×1,105mm

運転音(洗い時/脱水時/乾燥時)

32dB / 37dB / 43dB

機能

AIお洗濯 / ナイアガラ ビート洗浄 / シワ低減洗濯コース / 自動お掃除

 

HITACHI BW-DV80G

出典:HITACHI BW-DV80G|HITACHI

参考価格(税込)

112,640円

洗濯・脱水容量

8kg

乾燥容量

4.5kg

本体の重さ

52kg

サイズ(幅×奥行き×高さ)

610×635×1,040mm

運転音(洗い時/脱水時/乾燥時)

32dB / 37dB / 43dB

機能

AIお洗濯 / ナイアガラ ビート洗浄 / 自動おそうじ

 

SHARP ES-TX5F

出典:SHARP ES-TX5F|SHARP

参考価格(税込)

48,000円

洗濯・脱水容量

5.5kg

乾燥容量

3.5kg

本体の重さ

35kg

サイズ(幅×奥行き×高さ)

565×590×985mm

運転音(洗い時/脱水時/乾燥時)

40dB / 46dB / 47dB

機能

ステンレス穴無し槽 / 自動槽洗い

 

SHARP ES-TX8F

出典:SHARP ES-TX8F|SHARP

参考価格(税込)

100,100円

洗濯・脱水容量

8kg

乾燥容量

4.5kg

本体の重さ

44kg

サイズ(幅×奥行き×高さ)

600×650×1,025mm

運転音(洗い時/脱水時/乾燥時)

35dB / 38dB / 46dB

機能

ダイヤカット穴無し槽 / 穴無しサイクロン洗浄 / プラズマクラスター除菌

 

ドラム式洗濯乾燥機のおすすめ8選

次に、ドラム式洗濯機のおすすめモデル8選を紹介していきます。

ドラム式洗濯機は高価格のモデルが多いですが、「洗濯から乾燥まで自動でやってくれるので楽」という最大のメリットがあります。

多くの購入者が満足して使っているタイプになるので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

 

SHARP ES-S7G-L

出典 : SHARP ES-S7G-L|SHARP

参考価格(税込)

123,700円

洗濯・脱水容量

7kg

乾燥容量

3.5kg

本体の重さ

76kg

サイズ(幅×奥行き×高さ)

‎640 x 600 x 1,039 mm

運転音(洗い時/脱水時/乾燥時)

24dB/39dB/36dB

機能

自動おそうじ  / カビ取り機能 

 

SHARP ES-W114

出典:SHARP ES-W114|SHARP

参考価格(税込)

200,000円

洗濯・脱水容量

11kg

乾燥容量

6kg

本体の重さ

83kg

サイズ(幅×奥行き×高さ)

640×727×1,115mm‎

運転音(洗い時/脱水時/乾燥時)

30dB/37dB/39dB

機能

液体洗剤・柔軟剤自動投入 / マイクロ高圧洗浄 / 温水極め洗い / 乾燥フィルター自動お掃除 / 乾燥ダクト自動お掃除

 

Panasonic Cuble NA-VG2600

出典 : Panasonic | ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VG2600

参考価格(税込)

268,660円

洗濯・脱水容量

10kg

乾燥容量

5kg

本体の重さ

74kg

サイズ(幅×奥行き×高さ)

‎665 x 600x 998 mm

機能

洗剤・柔軟剤自動投入 / スマホ連携 / AI自動運転 / 温水洗浄

 

HITACHI BD-SG110HL

出典:HITACHI BD-SG110HL|HITACHI

参考価格(税込)

218,000円

洗濯・脱水容量

11kg

乾燥容量

6kg

本体の重さ

77kg

サイズ(幅×奥行き×高さ)

630×715×1,050mm

運転音(洗い時/脱水時/乾燥時)

34dB/37dB/48dB

機能

風アイロン / 洗濯槽自動お掃除AI乾燥フィルター自動お掃除

 

TOSHIBA ZABOON TW-127XP1R

出典 : TOSHIBA|ZABOON TW-127XP1R

参考価格(税込)

258,000円

洗濯・脱水容量

12kg

乾燥容量

7kg

本体の重さ

89kg

サイズ(幅×奥行き×高さ)

600 x 720 x 1,060mm

運転音(洗い時/脱水時/乾燥時)

32dB/37dB/48dB

機能

洗剤・柔軟剤自動投入 / スマホ連携 / 温水洗浄  / 自動おそうじ  / カビ取り機能 / シワ取り機能 

 

アイリスオーヤマ FLK842

出典:アイリスオーヤマ FLK842|アイリスオーヤマ

参考価格(税込)

111,111円

洗濯・脱水容量

8kg

乾燥容量

4kg

本体の重さ

81kg

サイズ(幅×奥行き×高さ)

595 x 672 x 1,095 mm

運転音(洗い時/脱水時/乾燥時)

40dB/46dB/44dB

機能

温水洗浄 / インバーター搭載

 

AQUA AQW-D12N

出典:AQUA AQW-D12N|AQUA

参考価格(税込)

258,000円

洗濯・脱水容量

12kg

乾燥容量

6kg

本体の重さ

93kg

サイズ(幅×奥行き×高さ)

595 x 685 x 943 mm

運転音(洗い時/脱水時/乾燥時)

34dB/45dB/47dB

機能

オールラウンド浸透洗浄 / お湯洗いモード / 乾燥フィルター自動おそうじ / 槽自動おそうじ

 

まとめ

今回は乾燥機付きの洗濯機をおすすめする理由、選び方のポイント、縦型とドラム式のおすすめモデルなどを紹介しました。

最後にもう一度、本記事の内容をまとめておきます。

  • 「天候に左右されないこと」「時間と手間を節約できること」の2つが、乾燥機付きの洗濯機を導入する大きなメリット
  • ヒートポンプ式は衣類が傷みにくく、電気代は安いが、本体価格が高い
  • ヒーター式は本体価格は安いが、電気代が高く、衣類が傷みやすい
  • 容量は、乾燥容量も考慮して少し大きめを選ぶのがおすすめ
  • 洗濯機の搬入経路・設置スペースは購入前にしっかり確認する
  • 「泥汚れが多い」「初期費用を抑えたい」人には縦型がおすすめ
  • 「家事にかかる時間や労力を少なくしたい」「洗濯物がそこまで多くない」人はドラム式がおすすめ

乾燥機付きの洗濯機は、洗濯にかかる時間や労力をかなり短縮してくれる家電です。

本記事を参考に、納得のいく洗濯機選びをしてみてください。

 

コメント

家電いつでも下取り査定

でかしこく買い替えよう

でかしこく買い替えよう