【2022年9月】液晶テレビの買取と下取り 8社を比較!一番お得なのは?

author-avatar
下取りガイド 川辺 あさひ
テレビを見る人

「液晶テレビが古くなってきたから、そろそろ買い替えたい」
「でも、今使っているテレビもまだ使えるから、下取りか買取してもらいたいんだけど、どごがお得なんだろう?」

など、買い替える時に考えることは多くなりますよね。

また、買取や下取りをしてもらう時に、どれぐらいの手間がかかるかについても気になっている人も多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、今回比較した8社中、下取りでもっともお得に買い替えられるのが「ノジマ」、買取でもっとも高額査定してもらえたのが「ReRe」だということが分かりました。

本記事では、このような悩みを持っている人に向けて、液晶テレビの買取をしている企業と下取りをしている家電量販店についてまとめています。

買取企業や下取りしてくれる家電量販店によって、条件や引き取ってもらうまでの流れが違ってくるので、ぜひ参考にしてみてください。

\下取り品の高額査定が続出中!/

「PR」ノジマで買い替えると最大7万円の買取キャッシュバック!

テレビを買い替えるなら下取りチェッカー

下取り値引きと買取キャッシュバックはなにが違うの??

例)シャープ 48V型有機ELテレビ 4T-C48CQ1 をデジタル家電専門店ノジマで購入する際 

ノジマのWEBチラシTV

引用:ノジマのWEBチラシ

販売価格(税込)          209,000円
下取りありで最大          -30,000円
さらに下取り品が買取対象なら最大  -50,000円 の買取キャッシュバック!

※2022年8月現在のサービス内容です。予告なく変更することがございます。

下取り値引きとは…壊れていても、古くても下取り品があれば値引きの対象。
買取キャッシュバックとは…下取り品の買取サービスです。買い替えるまえに下取りチェッカーを利用して査定証明を取得する必要がございます。

※買取キャッシュバックサービスは、株式会社ノジマと株式会社アシストが提携して提供している下取りサービスです。下取チェッカーに関するご質問やご連絡は株式会社アシストまでお問い合わせください。

\自動査定だから、24時間対応/

下取りチェッカー

【液晶テレビ】買取と下取りの相場

マイク

ここでは、家電量販店と買取企業で行っている液晶テレビの買取・下取り価格についてまとめてみました。

比較として分かりやすくするために下記のモデルで統一し、各店舗の価格を調べてみました。

●対象機種(パナソニックVIERA TH-43FX750 [43インチ] 2018年製)

テレビ

出典:地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ TH-43FX750|Panasonic

●家電量販店の買取価格や下取り価格、それぞれの有無について
(対応していない場合は『-』で記載)

家電量販店買取価格下取り価格
ノジマ12,800円
ヤマダ電機6,000円
ビックカメラ3,000円
ジャパネットたかた2,000~40,000円
ジョーシン10,000円定期的に下取りキャンペーンあり

●買取専門会社の買取価格

買取専門会社買取相場や実績
ReRe20,000円
買取ドットコム8,000~18,000円
出張買取24時記載なし

※2022年9月時点当社調べ。実際の買取・下取り価格と異なる場合もあります

上記の表を見てもらえると分かるように、家電量販店では「ノジマ」の下取り価格が一番高いことが分かります。

買取専門会社では「ReRe」の価格が高くなっています。

つまり、冒頭でもお伝えしましたが、液晶テレビを下取りに出すのであれば「ノジマ」。買取を考えているのであれば「ReRe」を選ぶのがよいでしょう。

ここからは、家電量販店と買取企業のそれぞれの特徴について、もう少し具体的に書いていきます。

ノジマ

ノジマの特徴は、今回比較した家電量販店の中でもっとも下取りに力を入れているという点です。
先ほどまとめた表でも分かるように、下取り価格が高く、他の買取相場と比べても、それほど価格差はありません。

さらにノジマでは、「下取りチェッカー」というLINEとWEBで簡単に下取り価格が分かるシステムを導入しています。

下取りチェッカー

このシステムは、LINEとWEBで下取りして欲しい商品の状態や型番を入力するだけで、すぐに下取り価格が分かるというもの。

なので買取企業のように査定依頼してから買取依頼をするといった面倒な流れがありません。

査定から買い替えまでの流れが簡単で分かりやすいので、とてもおすすめできるものになっています。

下取りに出したい製品が、下記の条件に当てはまる場合は、下取りチェッカーでぜひ一度価格をチェックしてみてください。

ノジマ【液晶テレビ】下取り条件

  • 30インチ以上
  • 下取り対象メーカーはシャープ、ソニー、ハイセンス、パナソニック、三菱、東芝
  • 製造から6年以内(製造から7~9年の物は無料下取り、10年以上の物は有料での処分)
  • 純正リモコン・スタンドが欠品している、または喫煙環境で使用している場合は査定減額
  • 電源がつかない、映像不良、音が出ない、HDD・DVDデバイスの読み込み不良、などがある場合は有料での処分(15型以下は2970円、16型以上は4070円)

参考:下取りチェッカー

\LINEの友だち登録はこちらから/

 

\30秒でサクッと!WEB査定はこちらから/

下取りチェッカー

下取りチェッカーはこちら

ヤマダ電機

ヤマダ電機の特徴は、買取価格はそこまで高くはないものの、他社に比べて古い年式のテレビも買取ってくれるという点です。

他にも、「ヤマダデンキの買取事前査定サービス」というWEBで事前に査定金額が簡単に調べられるシステムを導入しています。

「年式」と「メーカー」が分かれば、すぐに買取価格が調べられるため、とてもお手軽ですね。

ヤマダ電機の買取条件は以下の通りです。

ヤマダ電機【液晶テレビ】買取条件

  • 2012年~2022年製であれば、メーカー、サイズ問わず買取
  • 故障、変色、サビがある物は買取対象外
  • 指定された付属品がないものは買取対象外

出典:ヤマダ電機

年式が古く、他では有料での処分になってしまうような液晶テレビは、ヤマダ電機での買取を検討してみてください。

ビックカメラ

ビックカメラでは、「ラクウル」というアプリで買取を行っていて、集荷も査定も無料でできるため、気軽に売ることができます。

こちらのサービスも型番などを入力するだけで査定金額を出してくれるお手軽なものになっているのですが…

今回比較した8社のなかで、もっとも買取価格が低かったため、まずは他社での買取を考えた方がよいでしょう。

先ほど比較したPanasonicの対象機種を例に出すと、ノジマの下取り価格は12,800円。ヤマダ電機の買取価格は6,000円。

それに対してビックカメラの買取価格は3,000円と他社よりも低いことが分かります。

近くにビックカメラしかない場合は、ビックカメラに買取を依頼するのは有りですが、そうでなければ優先度は低めに考えておいてもいいかもしれませんね。

出典:アイテム検索 | らくらくかんたん買取ラクウル ビックカメラ

ジャパネットたかた

テレビショッピングでおなじみのジャパネットたかたでは、下取り値引き対象商品を購入で大幅な値引きをしてくれます。

ジャパネットたかたの下取り条件は以下の通りです。

ジャパネットたかた【液晶テレビ】下取り条件

  • 対象商品の購入で2,000~40,000円の下取り値引き
  • 下取り時に3,520~6,820円のリサイクル料+収集運搬費がかかる
  • 下取り品は壊れていても、値引き対象

出典:【ジャパネットたかた】下取り・引き取りサービス

大幅な値引きに見えますが、必ずリサイクル料+収集運搬費が別途かかってくるため、他社の販売している価格としっかり比較する必要がありそうです。

ちなみに、下取り値引き対象商品の販売価格をヤマダウェブコムとAmazonで調べてみたところ、どちらもジャパネットたかたの値引き後価格よりも安く販売していました。

以上を総合的に判断すると、ジャパネットたかたでの液晶テレビの買い替えは、お得とは言えないかもしれませんね。

あまり優先度は高くないため、他社から検討したほうがよいでしょう。

ジョーシン

ジョーシンの特徴は、買取サービスに加えて、定期的にキャンペーンで下取りを行っている点です。

買取価格もそれなりに高く、WEBで査定金額をすぐに調べられるというバランスの良さが特徴になります。条件によっては、一番お得になる可能性があるのも嬉しいポイントですね。

また2022年8月に、液晶テレビの下取りキャンペーン(9月30日まで)を行っていたので、参考までに内容を記載しておきます。

  • AQUOSXLED、有機EL、8Kパネル購入で30,000ポイント
  • 65インチ以上のテレビを購入で10,000ポイント
  • 8Kチューナー内蔵テレビを購入で10,000ポイント
  • パナソニック、ソニー、シャープ、東芝、三菱、日立以外のメーカーを下取りの場合はポイント上限額が50%減額
  • 下取り対象外のテレビは2015年以前に製造されたもの、故障しているもの、プラズマテレビ、スタンドが欠品しているもの

*2022年8月弊社調査
出典:テレビ買い替えキャンペーン|ジョーシン

ジョーシンのキャンペーンは対象商品は限られてきますが、しっかりお得なものになっていました。

ただし、還元がポイントのみに限定されているため、ポイントを使う予定がない人は他社を選んだ方がよいでしょう。

ReRe

リユースショップのReReでは、液晶テレビの買取のみを行っています。
査定金額ではなく買取実績にはなりますが、今回比較した8社の中で、もっとも高額な金額を出してくれていました。

買取方法も「店頭買取」「出張買取」「宅配買取」の3つから選べて、どれも手数料や送料・返送料などが無料となっていて、安心のサービスとなっています。

宅配買取を依頼する場合の流れは以下の通りです。

  • サイトの「買取価格を調べる」のボタンより、WEB査定フォームに査定して欲しい商品の情報などの必須事項を入力し、会員登録をして査定依頼(電話でもOK)
  • 事前査定結果のお知らせ
  • 事前査定結果に納得した場合、箱につめて宅配業者に集荷してもらう
  • 商品の状態確認後、電話またはメールで査定結果をお知らせ
  • 取引成立の場合は口座に振り込み、不成立の場合は返送(返送料無料)

出典:テレビの買取価格|ReRe

少しくらい手間はかかってもできるだけ高く売りたい、という人にはおすすめです。

買取ドットコム

リサイクルショップの買取ドットコムでは、個人情報の入力が不要で商品の査定金額を簡単に調べることができます。

今回比較したなかで、家電量販店以外にWEB入力だけで簡単に査定金額を調べられるのは買取ドットコムのみでした。

また、買取方法は他社と同様に「宅配買取」「出張買取」「店頭買取」の3つから選べるようになっています。

宅配買取の送料は無料ですが、宅配業者は自分で手配する必要があるため、出張費用無料の出張買取の方が手間をかけずに済ませられそうですね。

出張買取の流れは以下の通りです。

  1. 買取アイテムと出張可能エリアの確認
  2. 電話かメールで問い合わせして予約
  3. 電話で出張買取の日付を決定
  4. 出張買取当日、契約成立の場合はそのまま商品引き取り、査定のみの場合は後日商品引き取り

出典:買取ドットコム

ただし、出張買取の場合は在宅しなければいけない時間が多くなることや、電話対応が多くなるというデメリットがありますので、自分にあった方法を選ぶようにしましょう。

出張買取24時

出張買取24時は、24時間電話受付で買取を行っているのが特徴です。

「とにかく今すぐ売りたい!」という人にはありがたいサービスですね。

買取方法は、「宅配買取」と「出張買取」を選ぶことができます。

どちらも送料、キャンセルの場合の返送費用や出張料金はかからないので、安心して利用できますね。

また買取価格については、比較する製品の記載がなかったため、正確には予想できませんが…

出張買取24時の買取実績と買取ドットコムのWEB査定で比較してみたところ、買取ドットコムよりはやや高い査定結果が期待できそうです。

買取を考えている場合は、メールか電話をするだけで、おおよその査定金額がわかるので、査定金額に期待できそうな「出張買取24時」「ReRe」の2社に見積もり依頼をするのがよいでしょう。

出典:液晶テレビ・プラズマテレビ・3Dテレビの出張買取|リサイクルショップ出張買取24時

買取と下取りのどちらを選ぶべきか?

ここまで、「買取」「下取り」をしている家電量販店と買取企業を比較してきましたが、液晶テレビを買い替える際には、どちらを選ぶのがよいのでしょうか。

結論としては、「ノジマの下取り」をおすすめしています。
理由は下取り価格が他の企業の買取価格と比べても遜色なく、むしろ高いことがあるからです。

さらに下取りチェッカーを使うことですぐに下取り価格が調べられるため、「店舗に持っていったはいいが、1円もつかなかった」という事態も避けられます。

これらの理由から液晶テレビは買取よりも、ノジマでの下取りをおすすめしています。

\LINEの友だち登録はこちらから/

下取りチェッカーはこちら

下取りチェッカーは上記のバナーから登録可能です。

登録後に送られてくる質問に答えるだけで下取り価格が調べられるので、ぜひ一度試してみてください。

まとめ

今回は液晶テレビの買取と下取りについて、家電量販店と買取企業を比較しながら解説してきました。

最後にもう一度本記事の内容をまとめておきます。

  • 液晶テレビの下取りなら「ノジマ」買取なら「ReRe」がお得
  • 「ヤマダ電機」は、他社より古い年式のテレビを買い取ってくれるが、買取相場は高くない
  • 「ビックカメラ」は、集荷や査定は楽だが、買取価格がもっとも低い
  • 「ジャパネットたかた」は下取り価格が高く見えるが、トータルで見るとあまりお得ではない
  • 「ジョーシン」は買取価格は高め、キャンペーン次第で下取りもおすすめ。ただし、還元がポイントになるため注意
  • 「買取ドットコム」「出張買取24時」は豊富な買取方法が揃っているが、「ReRe」に比べると条件は弱め

これらを踏まえて、液晶テレビの買い替えは「ノジマでの下取り」がおすすめ

液晶テレビは、サイズも大きな家電であるため、買い替えのときには設置や処分の手間がかかるアイテムです。

本記事を参考にして、できるだけ楽に、そしてお得に買い替えられるようにしましょう。

コメント

家電いつでも下取り査定

でかしこく買い替えよう

でかしこく買い替えよう