【2022年12月】IHクッキングヒーターは下取りしてもらえる?8社の下取り状況を比較

author-avatar
下取りガイド 川辺 あさひ
IHクッキングヒーター

「IHクッキングヒーターって下取りの対象になるのかな?」
「下取り以外でIHクッキングヒーターをお金にかえる方法って何かある?」

IHクッキングヒーターは耐久性は高いものの、調理の際などに使用頻度が高く、早い人で5,6年で異常が発生し買い替えを検討する方が多いのではないでしょうか。
また、買い替えるために下取りに出した際の相場も気になりますよね。

結論から言うと、IHクッキングヒーターの下取りをおこなっている会社はほとんどなく、一部の会社で引き取りサービスのみをおこなっているだけのようでした。
以下に各社の下取りや引き取りサービスの比較をまとめています。

【8社の下取り・引き取りサービスの比較】

今回は下の画像のように卓上で持ち運べるような小型のIHクッキングヒーターについて調べました。

IHクッキングヒーター

大型の建付けモデルについては別途店舗にお問い合わせください。

買取サービス引き取りサービス引き取り手数料備考
ジャパネットたかた××
ヤマダ電機×有り550円要店舗持ち込み
ヨドバシカメラ××
ノジマ×有り無料同等商品の買い替えであることが条件
ケーズデンキ×有り550円要店舗持ち込み
ビックカメラ×有り(WEBサイト)小家電1箱詰め放題1,958円(税込)リサイクル券を購入し専用箱にリサイクル対象の小家電を詰め込み宅配
コジマ×有り(WEBサイト)小家電1箱詰め放題1,958円(税込)リサイクル券を購入し専用箱にリサイクル対象の小家電を詰め込み宅配
エディオン×有り550円要店舗持ち込み

IHクッキングヒーターは下取りをおこなっている会社がほとんど該当していません。これらの会社に買い替えを依頼する場合は引き取り処分の検討をおこなうことになります。

本記事では、家電取り扱いのある会社のIHクッキングヒーターの下取り状況や引き取りサービスの有無、下取り以外でお金にかえる方法をご紹介します。

▼この記事を読むと分かること

  • 8社のIHクッキングヒーターの下取り・引き取りサービスの取り扱い状況
  • IHクッキングヒーターの下取り以外で売る方法
  • IHクッキングヒーターを高く売るときのポイント

IHクッキングヒーターの下取りを検討している、という方はぜひ最後まで読んで参考にしてください。

\下取り品の高額査定が続出中!/

「PR」ノジマで買い替えると最大7万円の買取キャッシュバック!

冷蔵庫を買い替えるなら下取りチェッカー

下取り値引きと買取キャッシュバックはなにが違うの??

例)シャープ 5ドア冷蔵庫 SJ-X416J をデジタル家電専門店ノジマで購入する際 

ノジマWEBチラシ冷蔵庫

引用:ノジマのWEBチラシ

販売価格(税込)          195,800円
下取りありで最大          -30,000円
さらに下取り品が買取対象なら最大  -70,000円 の買取キャッシュバック!

※2022年8月現在のサービス内容です。予告なく変更することがございます。

下取り値引きとは…壊れていても、古くても下取り品があれば値引きの対象。
買取キャッシュバックとは…下取り品の買取サービスです。買い替えるまえに下取りチェッカーを利用して査定証明を取得する必要がございます。

※買取キャッシュバックサービスは、株式会社ノジマと株式会社アシストが提携して提供している下取りサービスです。下取チェッカーに関するご質問やご連絡は株式会社アシストまでお問い合わせください。

\自動査定だから、24時間対応/

下取りチェッカー

 

 

IHクッキングヒーターの下取りサービスは取り扱いある?8社を比較してみた

ここでは家電販売など取り扱うことで有名な大手8社について、IHクッキングヒーターの下取りサービスを取り扱っているかどうか、詳しく見ていきます。

主に下記のようにまとめられました。

▼小型のIHクッキングヒーターについて下取りの調査

買取サービス引き取りサービス引き取り手数料備考
ジャパネットたかた××
ヤマダ電機×有り550円要店舗持ち込み
ヨドバシカメラ××
ノジマ×有り無料同等商品の買い替えであることが条件
ケーズデンキ×有り550円要店舗持ち込み
ビックカメラ×有り(WEBサイト)小家電1箱詰め放題1,958円(税込)リサイクル券を購入し専用箱にリサイクル対象の小家電を詰め込み宅配
コジマ×有り(WEBサイト)小家電1箱詰め放題1,958円(税込)リサイクル券を購入し専用箱にリサイクル対象の小家電を詰め込み宅配
エディオン×有り550円要店舗持ち込み

※2022.12月時点当社調べとなります。時期や店舗によって、実際のサービス内容と異なることがありますので、詳しくは該当の店舗にお問い合わせください。

8社を比較してみると、IHクッキングヒーターの下取りを取り扱う会社は1社もないことが分かります。
今回調べたのが卓上で使えるタイプのIHクッキングヒーターについてでしたので、小家電リサイクルを適用する形で「引き取りできる」と回答された会社が多い結果となりました。

では各社の下取りサービスについて詳しく解説します。

ジャパネットたかた

ジャパネットたかたではIHクッキングヒーターについて下取りをおこなっておらず、引き取りの対象にもなっていないようです。

例えばジャパネットたかたでは一部の家電ジャンルについて下取りや引き取りもおこなっています。
対象商品は以下のページに該当する商品だけで取り扱っているようです。

出典:【ジャパネットたかた】下取り・引き取りサービス:通販、テレビショッピング

ヤマダ電機

ヤマダ電機では筆者が実際に問い合わせしたところ、IHクッキングヒーターについて下取りはおこなっておらず引き取りについては手数料を支払うことでおこなってもらえるということでした。

卓上のIHクッキングヒーターは小家電リサイクルの対象ですので、550円(税込)かかるということです。

参考:「小型家電回収サービス」|ヤマダデンキ

ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラでは筆者が実際に問い合わせしたところ、IHクッキングヒーターについて下取りはおこなっておらず、引き取りについても残念ながらおこなっていないということでした。

ヨドバシカメラでは一部の家電について買取をおこなっているとのことです。
買取対象な商品は以下のページにあるPCや周辺機器、スマートフォンやテレビなどのデジタル家電が中心となっています。
参考:ヨドバシ.com – 買取サービス

自宅の近くにヨドバシカメラの店舗があったとしても、引き取りサービスはおこなっていないためその他の会社で引き取ってもらうか処分するようにしましょう。

ノジマ

デジタル家電専門店ノジマでは、IHクッキングヒーターの下取りはおこなっていません。
またノジマでは下取りチェッカーという下取りの無料査定サービスと提携していますが、下取りチェッカーではIHクッキングヒーターは2022年12月現在対象外となっています。

引き取りについては、IHクッキングヒーターが小家電リサイクルの対象ジャンルですので、同等の商品を購入時に無料で引き取ってもらえます。
ただし、登録が無料のモバイル会員限定であるということや、購入から30日以内に限るという制限があるため、それらを念頭に置いた上で引き取りサービスを利用しましょう。

参考:
製品の下取りは行っていますか? | よくあるご質問 | 株式会社ノジマ サポートサイト
商品を購入したら古い商品は処分できますか? | よくあるご質問 | 株式会社ノジマ サポートサイト

ケーズデンキ

家電量販店であるケーズデンキでは、IHクッキングヒーターの下取りはおこなっていませんが、引き取りに関して筆者が実際に問い合わせたところ、手数料を支払うことで引き取り処分してもらえるということでした。

今回調べたのが卓上のIHクッキングヒーターでしたので引き取り手数料が550円(税込)ということでした。
例えば大型のIHクッキングヒーターについては、引き取り手数料として2,200円(税込)+出張料金がかかるということです。

参考:家電リサイクル – CSR | ケーズデンキ 

ビックカメラ

家電量販店ビックカメラでは、筆者が実際に問い合わせたところ、IHクッキングヒーターについて下取りはおこなっておらず引き取りについては有料でおこなっているということです。

ここから上記で見てきた会社のサービスとは違うのですが、1,958円(税込)のリサイクル券をビックカメラのオンラインショップで購入し、小家電リサイクルに該当するものを専用の箱に詰め放題する。それを宅配配送することで引き取ってもらえるということです。

ビックカメラ 小家電リサイクル詰め放題

出典:パソコン・小型家電リサイクル ビックカメラ

他に色々処分したい小家電があった!という場合、まとめて引き取ってもらえるので便利なサービスかもしれません。

またビックカメラでは一部のジャンルの製品について下取りをおこなっている場合がありますので詳しくは下記サイトにてご確認ください。

買い替え無料下取りサービス【店舗限定】 | ビックSUPERサービス

コジマ

家電量販店であるコジマでは、IHクッキングヒーターについて下取りをおこなっていません。
しかし引き取りについては有料でおこなっているとのことです。

ビックカメラグループであるコジマでは、ビックカメラの章でご紹介した1箱に小家電詰め放題の引き取りサービスを同じく取り扱っています。

リサイクル券1,958円をコジマのオンラインショップで購入し、専用の箱に詰め込み、宅配配送することで引き取ってもらえます。

コジマ 小家電リサイクル詰め放題

出典:パソコン・小型家電リサイクル コジマ

エディオン

エディオンでは、筆者が実際に問い合わせたところ、IHクッキングヒーターの下取りについておこなっておらず引き取りについては引き取り手数料を支払うことでおこなってもらえるとのことです。

卓上のIHクッキングヒーターについては小型家電リサイクルとして、550円の手数料を支払うことでおこなってもらえます。買い替えの際に店舗に持ち込むようにしましょう。

参考:小型家電リサイクル|エディオンのサービス

下取り以外でIHクッキングヒーターを売りたい時に

上記で紹介したのは家電の取り扱いのある会社の情報でしたが、その他の会社でもIHクッキングヒーターの下取りをおこっている会社は少ないでしょう。
そのため、不要になった場合は下取り以外の方法を検討するしかないのですが、少しでもお金に変えたいという方は多いのではないでしょうか。

そういった方のためにも、不要になったIHクッキングヒーターを下取り以外の方法でお金にかえる2つの方法をご紹介します。
そのためには、以下の2つの方法があります。

  • リサイクルショップに売る
  • フリマアプリ、ネットオークション・地元型コミュニティで売る

ただし、いずれにしてもIHクッキングヒーターは消耗品であり、他の家電と比較して中古状態での需要は高くないためあまり高額にはならないこともあります。
ゴミとして処分するよりは少しでもお金にしたい、という気持ちでいるといいです。

リサイクルショップに売る

大手家電量販店などでは下取りが難しいIHクッキングヒーターでも、不用品の買取を専門にしているリサイクルショップであれば買取ってくれるケースもあります。
壊れていて修復不能な場合は難しいですが、まだ正常に作動することが確認できれば買取ってくれる可能性は高いです。

例えば出張買取のアシストではIHクッキングヒーターについて買取をおこなっています。
出張買取のアシスト ページ画像

出典:出張買取のアシスト

詳しくは下記のリンクからIHクッキングヒーターの相場を確認できますのでチェックしてみてくださいね。
IHクッキングヒーターの買取相場

フリマアプリ、ネットオークション・地元型コミュニティで売る

リサイクルショップ以外でも、フリマアプリやネットオークション・地元型コミュニティを活用すれば、個人間の取引でIHクッキングヒーターを売ることができます。

個人間取引ではこちらの言い値で販売できるため、需要とうまく一致すればリサイクルショップよりも高額で販売できる可能性があります。

その分、配送の手間や配送に関する費用、取引の途中でのトラブルのリスクなどもあります。

ですのでそういったリスクを承知で少しでも高く販売したいという方は個人間での取引で売ることもおすすめです。

IHクッキングヒーターを高く売るための3つのコツ

IHクッキングヒーターの買取価格は、型番や年代だけではなく本体の状態によって大きく左右されてきます。
リサイクルショップや個人間取引で売る場合、そのままでも使える、もしくは修理して使用できることが前提となっているため、修理不可能なレベルで故障すると買取ってはもらえないでしょう。

その上で、少しでも高く売るためのコツを3つご紹介します。
IHクッキングヒーターを少しでも高く下取りしてもらいたい、という方はぜひ参考にしてみてください。

表面上の汚れをとる

IHクッキングヒーターを買取に出す場合、本体が故障していないことは大前提ですが、それだけではなく表面上が綺麗かどうかという点も査定の対象になります。
年代が比較的新しく、どこにも故障がなかったとしても、油汚れなど汚れがひどい場合に査定価格が下がることがあります。

表面上の汚れであれば、事前に自分の手で綺麗にすることは可能なので、油汚れやひどい汚れなどが目立つ場合は買取に出す前に見た目を綺麗な状態にしておきましょう。

付属品を揃えておく

IHクッキングヒーターに限った話ではありませんが、家電を下取りに出す際はACアダプターや説明書などの付属品が全てそろっていることが買取の条件になることがあります。

説明書がなくても買取してくれるケースもあります。しかし、買取価格に影響が出ることも多いため、可能であれば購入時に家電の付属パーツや説明書は綺麗な状態でしっかりと保管しておくようにしましょう。

一度紛失すると、説明書だけを後から購入することは難しいので注意が必要です。

寿命が来る前に買取に出す

IHクッキングヒーターの寿命は8年〜10年と言われており家電の中では寿命が長い方ですが、寿命が近づくにつれて買取価格は下がってしまいます。
寿命間近で買取に出すよりも、5年程度で買取や売ることを考えるほうが数千円以上の差がつくこともあります。

いずれIHクッキングヒーターをお金に換えようと考える場合、長い目で見て5年以内には買取に出す・売るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
家電を取り扱う大手会社のIHクッキングヒーターの下取り状況、また下取り以外でお金にする方法、少しでも高く売るもらうためのポイントが理解できたかと思います。
最後にこの記事の内容をまとめてみます。

・8社のIHクッキングヒーター下取り・引き取りサービスの比較

買取サービス引き取りサービス引き取り手数料備考
ジャパネットたかた××
ヤマダ電機×有り550円要店舗持ち込み
ヨドバシカメラ××
ノジマ×有り無料同等商品の買い替えであることが条件
ケーズデンキ×有り550円要店舗持ち込み
ビックカメラ×有り(WEBサイト)小家電1箱詰め放題1,958円(税込)リサイクル券を購入し専用箱にリサイクル対象の小家電を詰め込み宅配
コジマ×有り(WEBサイト)小家電1箱詰め放題1,958円(税込)リサイクル券を購入し専用箱にリサイクル対象の小家電を詰め込み宅配
エディオン×有り550円要店舗持ち込み

 

・下取り以外でお金にかえる2つの方法

  • リサイクルショップに売る
  • フリマアプリ、ネットオークション・地元型コミュニティで売る

・少しでも高く買取してもらうための3つのコツ

  • 表面上の汚れをとる
  • 付属品を揃えておく
  • 寿命が来る前に買取・売ることを考える

この記事を参考に、IHクッキングヒーターを少しでも高く下取りに出せるように願っています。

コメント

家電いつでも下取り査定

でかしこく買い替えよう

でかしこく買い替えよう