【2022年9月】家電の下取り 大手8社を比較!一番お得なのは?

author-avatar
下取りガイド 川辺 あさひ
家電

「古くなってきた家電を買い替えたい」

「ただ、まだ使えるから下取りか買取に出したいけど…。どこに依頼すれば一番お得なのかが分からない」

など、新しい家電を買い替えるときは考えることも多くなりますよね。

また、家電量販店によって「下取り」「買取」「処分」の取り扱いが違うため、どこで買い替えればよいのか困っている人も多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、今回比較した家電量販店8社の中で、下取りを使うなら「ノジマ」が一番お得であることが分かりました。

この記事では、家電量販店ごとの「下取り可能な家電」、そして「買取可能な家電」についてもまとめています。

あなたが買い替えたい家電と、近くにある家電量販店を照らし合わせながら、参考にしてみてください。

\下取り品の高額査定が続出中!/

「PR」ノジマで買い替えると最大7万円の買取キャッシュバック!

冷蔵庫を買い替えるなら下取りチェッカー

下取り値引きと買取キャッシュバックはなにが違うの??

例)シャープ 5ドア冷蔵庫 SJ-X416J をデジタル家電専門店ノジマで購入する際 

ノジマWEBチラシ冷蔵庫

引用:ノジマのWEBチラシ

販売価格(税込)          195,800円
下取りありで最大          -30,000円
さらに下取り品が買取対象なら最大  -70,000円 の買取キャッシュバック!

※2022年8月現在のサービス内容です。予告なく変更することがございます。

下取り値引きとは…壊れていても、古くても下取り品があれば値引きの対象。
買取キャッシュバックとは…下取り品の買取サービスです。買い替えるまえに下取りチェッカーを利用して査定証明を取得する必要がございます。

※買取キャッシュバックサービスは、株式会社ノジマと株式会社アシストが提携して提供している下取りサービスです。下取チェッカーに関するご質問やご連絡は株式会社アシストまでお問い合わせください。

\自動査定だから、24時間対応/

下取りチェッカー

大手家電量販店8社を比較!下取り・買取対象になる家電とは?

選ぶ

ここでは大手家電量販店8社の下取り対象の家電と、買取対象の家電の種類についてまとめてみました。

家電量販店下取り対象家電買取対象家電
ノジマ18種類なし
ヤマダ電機なし12種類
ヨドバシカメラなし16種類以上
ビックカメラなし21種類
エディオン1種類(期間限定)3種類
ケーズデンキなしなし
ジャパネットたかた10種類なし
ジョーシン3種類(期間限定)8種類

*2022年9月時点当社調べとなります。

上記の表を見てもらえると分かるように、下取り対象家電数が多いのは「ノジマ:18種類」になります。

買取対象家電数が多いのは「ヤマダ電機:12種類」「ヨドバシカメラ:16種類以上」「ビックカメラ:21種類」になります。

ケーズデンキとエディオンでは、積極的に下取りや買取は行っていないようですね。

つまり家電の下取りを考えている場合は、ノジマ。家電の買取を考えている場合は、ヤマダ電機・ヨドバシカメラ・ビックカメラを選ぶようにするのがよいでしょう。

ここからは、各家電量販店の特徴と下取り・買取の対象家電についてもう少し具体的に書いていきます。

ノジマ

ノジマの特徴は、18種類もの下取り対象家電を扱っており、大手家電量販店8社の中で最も下取りに力を入れているという点です。

ノジマでは「下取りチェッカー」というLINEで簡単に下取り価格が分かるシステムを導入しています。

下取りチェッカー バナー

下取りや買取をしてもらおうと考えたときに「今使っている家電はちゃんと売れるかな」という不安はありませんか?

下取りチェッカーは、店舗に持っていく前に下取り価格が調べられるため、このような不安が生まれないのですよね。

下取りチェッカーでは、以下の対象家電の下取り価格を調べることができます。

【2022年8月】下取りチェッカーで対応中の家電
冷蔵庫ドラム式洗濯機液晶テレビ
ブルーレイレコーダー空気清浄機掃除機
電子レンジ炊飯器

下取りチェッカーで対応しているのは、下取り対象家電18種類中8種類。他の4種類について知りたい方はこちらをご覧ください。

家電の買い替えを検討しているのであれば、ぜひ一度試してみてください!

\LINEの友だち登録はこちらから/

下取りチェッカーはこちら

ヤマダ電機

ヤマダ電機の特徴は、12種類もの買取対象家電があり、買取に力を入れているという点です。

具体的な買取対象商品は、以下の通りです。

買取対象商品
薄型テレビパソコン
冷蔵庫スマホ
洗濯機(乾燥機)タブレット
電子レンジデジカメ
炊飯器エアコン
掃除機

*2022年9月時点当社調べとなります。

買取価格の例として、冷蔵庫の東芝2018年製(容量501L以上)であれば、現在10,000円の買取価格。

液晶テレビのパナソニック2017年製(50~59インチ)には、現在10,000円の買取価格がついていて、ビックカメラ・ジョーシンと同条件となっていました。

ヤマダ電機にも買取事前査定サービスで買取金額が分かるものがあり、ユーザーにとっては買取をお願いしやすい店舗だと言えるでしょう。

また、状態が悪くなければ、2012年製などの古い物でも買取してもらえるのも嬉しいポイントになりますね。

出典:家電の買取ならヤマダデンキの買取事前査定サービス

ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラの特徴は16種類以上もの買取対象家電(娯楽家電を中心)があるという点です。

具体的な買取対象商品は、以下の通りです。

買取対象
パソコンパソコン周辺機器
スマホ・ケータイタブレット
テレビレコーダー
AV機器(ヘッドホン、ハイレゾオーディオ)ポータブル機器(音楽プレイヤー、電子辞書など)
ゲーム機映像ソフト(CD/DVD/BD)
デジカメビデオカメラ
カメラ周辺機器ドローン
ポータブルカーナビその他デジタル機器

*2022年9月時点当社調べとなります。
*出典:ヨドバシカメラ買取サービス より一部抜粋

ヨドバシカメラで買取をしてもらう場合、発送買取を選ぶことができるのも特徴になりますね。

発送買取を依頼する場合は以下の6つの手順を行いましょう。

  1. ヨドバシカメラパソコンなんでも相談コーナー コールセンターに電話
  2. 買取してもらいたい商品の状態や品番、付属品などを確認
  3. 専門スタッフから最大の買取金額をお知らせ
  4. 必要書類と商品を梱包して発送(梱包・発送費用は自費)
  5. 査定結果をお知らせ
  6. 指定口座に入金

ただし、発送費用などが自己負担になるため、あまりお得とは言えません。
また、買取金額なども電話するか、買取実施店舗に行って査定してもらわなければ分からないため、手間や費用を考えてもヨドバシカメラでの買取を考えるのは後回しにしてもよいでしょう。

ビックカメラ

ビックカメラの特徴は、21種類もの買取対象家電(娯楽家電を中心に)があり、積極的に買取をしてくれるという点です。

また、「ラクウル」というアプリで買取を行っていて、集荷も査定も無料でできるため、気軽に売ることができるのも特徴の1つになりますね。(ラクウルはビックカメラグループである、ビックカメラ、ソフマップ、コジマで使用できます。)

具体的な買取対象商品のほかに、「買取上限価格」の表記があったため、あわせて記載します。

対象製品買取上限価格
パソコン10〜400,000円
ゲーミングパソコン100〜250,000円
PC周辺機器55〜310,000円
液晶モニター・周辺機器10〜338,500円
PCソフト10〜9,900円
スマホ100〜151,000円
カメラ10〜1,600,000円
ビデオカメラ10〜1,600,000円
テレビ58〜1,473,000円
レコーダー58〜396,000円
オーディオ10〜805,000円
電子ピアノ10〜805,000円
カー用品10〜805,000円
電子辞書59〜13,000円
事務用品59〜13,000円
電話機59〜13,000円
時計1,000〜51,000円
スポーツ200〜18,500円
ゲーム2〜44,000円
アニメブルーレイ10〜30,000円
PCゲーム(R18)10〜33,000円

*2022年9月時点当社調べとなります。

買取価格の例として、液晶テレビの「パナソニックTH-55EZ950(2017年6月製)」には、現在10,000円の買取価格がついていて、ヤマダ電機・ジョーシンと同条件となっていました。

また、商品購入時の下取りについては、店舗限定で無料下取りサービスを行っています。

対象となる扇風機・電子レンジ・炊飯器などの小型家電類を持っていて、「無料でもいいから回収してほしい」という場合は、購入時に持っていくとよいでしょう。

出典:店頭買取 | ビックカメラグループ
出典:らくらくかんたん買取ラクウル|ソフマップ

エディオン

エディオンの特徴として、家電の積極的な下取りや買取はおこなっていないということを覚えておきましょう。(買取対象家電が数種類あるのみ)

買取についてはゲーム関連とスマホ・Apple製品、下取りは2022年9月30日までの限定で冷蔵庫の下取りキャンペーンをおこなっているようです。

参考:おトクに下取りで買替え!|エディオン
参考:ゲームソフト・ゲーム機高価買取実施中|エディオン
参考:「iPhone」を安心買取!|EDION

他の店舗と比べても、あまり下取りや買取に対して積極的とは言えないため、下取りや買取先の候補としては弱めであることが言えますね。

ケーズデンキ

ケーズデンキも、基本的に買取や下取りのサービスはおこなっていません。

期間限定であんしんパスポート会員に入会している人限定で下取りキャンペーンをおこなっているときがあるようですが…

エディオンと同様にあまり力を入れている店舗とは言えないため、下取りや買取先の候補からは外してしまってもよいでしょう。

参考:家電リサイクル – CSR | ケーズデンキ 

ジャパネットたかた

テレビショッピングでおなじみのジャパネットたかたでは、下取り値引き対象商品を購入で大幅な値引きをしてくれます。

参考までに、2022年8月の下取り値引き商品をまとめました。

対象商品下取り値引き額下取り手数料
掃除機2,000~20,000円550円
冷蔵庫5,000~40,000円6,490円
洗濯機7,000~30,000円5,280円
エアコン15,000~40,000円2,640円
電子レンジ10,000~20,000円550円
炊飯器5,000~23,000円550円
テレビ2,000~40,000円3,520円
マッサージチェア引き取り無料無料
体重計3,000円550円
ベッド50,000円0円

*2022年8月弊社調査、サービス内容が変更している場合がありますのでご了承ください。

かなりインパクトがありますが、下取り値引きとは別に下取り手数料で料金が上乗せになってしまうため、お得感が少なくなってしまいます。

また、ジャパネットたかたの下取り値引き対象商品は高額になることが多いです。買い替えのときには本当に欲しい商品かしっかり検討し、総合的に判断する必要がありそうですね。

出典:【ジャパネットたかた】下取り・引き取りサービス:通販、テレビショッピング

ジョーシン

ジョーシンの特徴は、8種類の買取対象家電(デジタル家電を中心に)があり、時期にもよりますが、下取り対象家電も数種類あるという点になります。

具体的な買取対象商品のほかに、買取上限金額の表記があったため、あわせて記載します。

対象製品買取上限金額
パソコン1,000〜80,000円
タブレット1,000〜75,000円
スマホ・ケータイ100〜80,400円
ゲーム機220〜52,030円
デジカメ4,000〜360,000円
デジタルビデオカメラ2,000〜60,000円
テレビ1,000〜40,000円
ブルーレイレコーダー5,000〜150,000円

買取価格の例として、液晶テレビの「パナソニックTH-55EZ950(2017年6月製)」には、現在10,000円の買取価格がついていて、ヤマダ電機・ビックカメラと同条件となっていました。

また下取りについては、定期的にキャンペーンを行っています。参考までに2022年8月に行っているキャンペーン(9月30日まで)を記載しておきます。

  • テレビの買い替えで最大90,000ポイント還元
  • Windows10以降corei7搭載のパソコンを50,000円以上で下取り
  • デジカメを買い替え&下取りで最大5,000ポイント進呈

ジョーシンの下取りキャンペーンはお得な内容になっていますので、ジョーシンで買い替えを検討している人は定期的にチェックしてみましょう。

出典:ジョーシン買取サービス

まとめ

今回は家電の下取りと買取について、家電量販店8社を比較しながら解説させていただきました。

最後にもう一度、本記事の内容をまとめておきます。

  • 下取りを検討しているなら「ノジマ」がおすすめ。事前に下取り価格もわかるツールもあり便利
  • 買取を検討しているなら、ヤマダ電機、ビックカメラ、ジョーシン。こちらも買取価格がわかるツールもあり便利
  • 一方でおすすめしないのはヨドバシカメラ。事前に査定金額がわからず、発送買取も発送費などが自己負担になるため使いづらい
  • ジャパネットたかたも下取りをおこなっているが少し特殊なため、利用する場合は総合的な価格で判断するようにする

現在は、WEBやアプリで簡単に査定額が調べられるので、家電の買い替えを検討しているのであれば、まずはお持ちの家電の下取り額や買取額をチェックしてみることをおすすめします。

家電の買い替えの際には、少しでもお得に買い替えられるように、本記事の内容をぜひ参考にしてみてください。

コメント

家電いつでも下取り査定

でかしこく買い替えよう

でかしこく買い替えよう