電動自転車に免許は必要?買う前・買い替え前に知りたい電動自転車の基本!

author-avatar
下取りガイド suzuki

「電動自転車がほしいけど免許が必要なの?」
「そもそも普通の自転車と同じ乗り方をしてもいいの?

結論からいうと、”電動アシスト自転車”には免許が不要です。しかし”電動自転車”と呼ばれるものは免許が必要です!
本記事では電動アシスト自転車と電動自転車の違いを説明したうえで、購入ときに気を付けたいポイントを紹介しています。

この記事を読むと次のことがわかります。

  • 電動自転車に運転免許は必要?
  • 電動アシスト自転車との違い
  • 電動自転車と電動アシスト自転車を購入する際のポイント
  • 購入の前にしておくべきこと
  • 古い自転車や電動自転車の手放し方

ぜひ購入前の参考にしてください!

この記事では電動自転車と電動アシスト自転車の表記で意味を分けて使用しています。
\下取り品の高額査定が続出中!/

「PR」自転車提携店で買い替えると最大15万円の高額下取り!

(2022年10月3日より下取りチェッカー取扱いスタート)

下取りチェッカー

自転車の下取りってどういうこと??

例)自転車提携店で次のように買い替えをする場合

【売りたい自転車】→ブリヂストン ビッケ グリ dd 子ども乗せ電動自転車

ビッケ グリ dd ブリヂストン

引用:ビッケ グリ dd | ブリヂストンサイクル株式会社
【購入したい自転車】→ブリヂストン カジュナe 電動自転車

ブリヂストン カジュナe

引用:カジュナ e | ブリヂストンサイクル株式会社

カジュナ e 販売価格(税込)         174,000円
ビッケ グリ dd (状態・動作良好)参考下取り価格  -29,900円 の下取りが可能!

※2022年10月現在のサービス内容です。予告なく変更することがございます。

自転車の下取りサービスとは…下取りチェッカーの提携店で使える下取り品の買取サービスです。買い替えるまえに下取りチェッカーを利用して査定証明を取得する必要がございます。

※下取チェッカーに関するご質問やご連絡は株式会社アシストまでお問い合わせください。

\自動査定だから、24時間対応/

下取りチェッカー

電動自転車はバイクと同じ?電動アシスト自転車に免許は不要?

 

同じ電動自転車なのにどうして免許が必要なのと不要なのに別れるのでしょうか。

結論からいうと、電動自転車と電動アシスト自転車の大きな違いはモーターが補助の役割かそれ以上の役割を持っているかという点にあります。

電動アシスト自転車電動自転車

ペダルをこぐとモーターの
力で前に進む力をアシストする

バイクと同じくペダルをこがなくても
前進し続ける

免許は不要免許が必要

電動アシスト自転車

 

電動アシスト自転車は人がペダルをこいだとき補助する力が加わるものを指します。
そのため、電動自転車とは異なりペダルをこがない場合は少しずつ減速します。

自転車に、通常よりも少ない力で進むためのアシストが付いているイメージです。電動アシスト自転車を省略して電動自転車と呼ばれることもあります。

電動アシスト自転車はこのようなモデルがあります。

  • パナソニック  ベロスターミニ ,ハリヤ,ビビ,ギュットクルームR など
  • ブリヂストン  フロンティアデラックス,ステップクルーズ など

電動自転車

 

電動自転車は人がペダルをこがなくても原動機の力で進み続けることができる自転車を指します。

フル電動自転車、ペダル付き電動自転車、モペットとも呼ばれます。
速度に上限がなくかなりのスピードが出るため、公道での走行にはバイクと同様の厳しい条件があります。

免許の取得

原動機付自転車免許が必須

ナンバープレートの設置

他にもサイドミラーやライトなど

ヘルメットの着用

道路交通法で義務付けられている

保険への加入

万が一の事故に備えるため義務

公道を運転するには、原動機付自転車免許の取得、さらにヘルメット着用、ナンバープレート設置などがなければ違法になってしまいます。

電動自転車は公道が走れないため国内メーカーよりも海外メーカーの製品が多いです。電動自転車にはこのようなモデルがあります。

  • COSWHEEL SMART EV
  • SAIWOOBICY T1PLUS など

「フル電動自転車」や「モペット」という名前で販売されていることもあります。

電動自転車を購入の際に必要な準備

 

上記でご紹介したように、電動自転車の購入を検討している場合は守ることがたくさんあります。
電動自転車で公道を走るには、下記の項目を全て満たす必要があります。

  • 原付免許の取得
  • ナンバープレートの設置
  • 自賠責保険に加入
  • ヘルメットの着用

欲しい車種を準備したのに走れない?なんてことにならないよう事前に知っておくべきことをまとめました!

原付免許の取得

電動自転車はバイクと同じ二輪車に該当します。

そのため「原動機付自転車免許(原付免許)」の取得が必要です。免許を取得せずに運転した場合はバイクと同様に無免許運転に該当します。

また、免許の持ち歩きも忘れないようにしましょう!

自転車及び原動機付自転車を運転しようとするものは、公安委員会の運転免許を受けなければならない。

引用:道路交通法 第74条 https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=335AC0000000105

ナンバープレートの設置

電動自転車はナンバープレートの設置が必要です。自治体で原動機付自転車の標識交付申請を済ませましょう。
ただし、ナンバープレートが付いていれば公道を走って良いというわけではありません。

ライトやウィンカーなどを設置するのをお忘れなく!

自賠責保険への加入

モーターの力でかなりの速度が出る電動自転車は、自賠責保険への加入していない場合には全額自己負担です。
自賠責保険に加入したら自賠責ステッカーをナンバープレートの目立つ位置に貼り付けましょう!

付いていない場合、罰金の対象になってしまいます。

下記のサイトではナンバープレートと自賠責保険の関係性を説明しています。
参考にしてみてください。

自賠責保険とナンバープレートの関係とは?自賠責ステッカーについて | ほけんRoom自動車保険

ヘルメットなしはだめ?

電動自転車はバイクと同じ二輪車に該当するため、道路交通法でヘルメットの着用が義務付けられています。
かなりの速度を出すことができるため、事故などの可能性も少なくありません。

しっかりと着用しましょう。

原動機付自転車の運転者は乗車用ヘルメットをかぶらないで原動機付自転車を運転してはならない。

引用:道路交通法 第71条の4 https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=335AC0000000105

以上が電動自転車を購入する前に必要な準備になります。

ではここでの内容をまとめます。

  • 免許は原動機付自転車を取得する
  • ナンバープレートを設置する
  • 自賠責保険に加入する
  • ヘルメットの着用は義務

最近では、公道の走行が可能な電動自転車も販売されているようです。気になっている商品の詳細は要チェックですね!

電動アシスト自転車購入の際に気をつけたい点

電動アシスト自転車には、免許やナンバープレートの設置は不要です。ですが、購入の際にはよく確認が必要なことがあります。

道路交通法では、24キロ以上の速度になったとき、モーターによるアシスト機能が加わらない自転車を「電動アシスト自転車」としています。その他にも速度によってアシストの比率を少なくしなければならないなどの基準がたくさんあります。

二十四キロメートル毎時以上の速度で自転車を走行させることとなる場合において
原動機を用いて人の力を補う力が加わらないこと。

引用:道路交通法施行規則 第11条の3 https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=335M50000002060

この基準を超えた自転車が「電動アシスト自転車」として販売されていたことが過去の事例にあります。基準を超えた電動アシスト自転車で公道を走った場合は法令違反になる場合も。
購入を検討している電動アシスト自転車が基準を満たしているのかについても慎重になる必要があります。

古い自転車・電動自転車はどうやって手放す?

 

買取

「共有の駐輪場なので古い自転車を置いておけない」
「もう古いので手放したい!」
「まだ使えるけど、処分するしかないの??」
と思う方は多いのではないでしょうか。

新しく購入する場合には古い自転車・電動自転車を手放すことを検討しますよね。
ここでは、古い自転車と電動自転車を手放す方法をそれぞれご紹介します。

自転車はリサイクルショップで買取!

古い自転車の場合、リサイクルショップに持ち込むと買取から無料での引取が期待できます!

査定方法は各店・品物ごとに異なりますので、事前にどのくらいになるのか知りたい、という方は
お近くのリサイクルショップに問い合わせしてみましょう。

【買取前の注意点】

 防犯登録の解除
  …登録から7年以内の場合、 防犯登録所で防犯登録の抹消手続きが必要な場合があります。

防犯登録解除の他、買取店で譲渡所の記入が求められる場合もあります。
店舗に行く前に、買取店へ問い合わせると手間が省けますよ!

例えば出張買取のアシストでは、自転車の買取査定を行っています。
買取の対象になりやすいモデルや、買取の際に必要な書類や手順などの説明が下記ページよりご覧いただけます。

出頭買取のアシスト 『自転車の買取・査定』

電動自転車は買取・下取りサービスがおすすめ!

ひらめき

電動自転車・電動アシスト自転車は、バッテリーなどの複雑なパーツが多く、処分の方法が難しいですよね。

自転車に比べて高額だし、できれば処分せずに済ませたい…。

そんな方へ、電動自転車・電動アシスト自転車は買取だけでなく、下取りのサービスが普及し始めています。
利用を検討すると、お得に購入できるかもしれません。

処分方法と買取・下取り方法については下記サイトにて詳しくご紹介していますのでご覧ください。

 『電動自転車を処分するなら知っておきたい!5つの処分方法の長所短所』

まとめ

 

電動自転車と電動アシスト自転車それぞれについて、購入の際に気を付けたい点についてまとめました!

最後にもう一度まとめると

電動自転車はこがずに進むもので、免許やナンバープレートなどが必要
電動アシスト自転車はこいで進むもので、免許が不要、
という結果になりました。

電動アシスト自転車を電動自転車と表記する場合もあります。

ちなみにこの記事では電動自転車と電動アシスト自転車の意味を分けて記載しましたが、それ以外に登場する当サイトでの、”電動自転車”は全て電動アシスト自転車を指します。

欲しいと思っていたものが「電動アシスト自転車」じゃなくて「電動自転車」だった!なんてことにならないように購入を検討している商品がどちらに該当するのか、事前に確認をしましょう!

コメント

24時間いつでも下取り査定

でかしこく買い替えよう

でかしこく買い替えよう