液晶テレビが映らない?4つの原因やそれぞれの対処法をカンタンに解説

author-avatar
下取りガイド 川辺 あさひ
液晶テレビ

「昨日までは見れていたのに、急に液晶テレビが映らなくなった」
「音だけは出るけど、肝心の映像が見えない…」など、液晶テレビに関するトラブルで困っていませんか?

まずは結論からお伝えすると、テレビが映らない主な原因はケーブル類の接続ミス、もしくは設定に関するミスが起きているケースがほとんどです。

接続ミスなどをひと通り確認してみて、それでもダメなら故障している可能性が高いので、買い替えを検討しましょう。

本記事ではこれらの内容を解説するために、下記について説明しています。

  • 液晶テレビが映らない4つの原因と対処法とは?
  • 症状別の対処法。不具合はどのように解決すればいい?
  • 【故障の場合】液晶テレビをお得に買い替える方法

テレビは習慣的に見ることも多いので、急に見れなくなったら困ってしまいますよね。

すぐに解決できる問題も多いので、これから紹介する対処法を1つずつ試してみてください。

\下取り品の高額査定が続出中!/

「PR」ノジマで買い替えると最大7万円の買取キャッシュバック!

テレビを買い替えるなら下取りチェッカー

下取り値引きと買取キャッシュバックはなにが違うの??

例)シャープ 48V型有機ELテレビ 4T-C48CQ1 をデジタル家電専門店ノジマで購入する際 

ノジマのWEBチラシTV

引用:ノジマのWEBチラシ

販売価格(税込)          209,000円
下取りありで最大          -30,000円
さらに下取り品が買取対象なら最大  -50,000円 の買取キャッシュバック!

※2022年8月現在のサービス内容です。予告なく変更することがございます。

下取り値引きとは…壊れていても、古くても下取り品があれば値引きの対象。
買取キャッシュバックとは…下取り品の買取サービスです。買い替えるまえに下取りチェッカーを利用して査定証明を取得する必要がございます。

※買取キャッシュバックサービスは、株式会社ノジマと株式会社アシストが提携して提供している下取りサービスです。下取チェッカーに関するご質問やご連絡は株式会社アシストまでお問い合わせください。

\自動査定だから、24時間対応/

下取りチェッカー

液晶テレビが映らない4つの原因と対処法とは?

液晶テレビの裏側

まずは、液晶テレビが映らない原因と対処法からお伝えします。

テレビは他の冷蔵庫などの大きな家電と比べると、場所を動かしやすい家電です。

場所を動かしたときに接続ミスが起こり、テレビが映らなくなる…ということが多いので、今から紹介する原因に当てはまる対処法を試してみてください。

1.コンセントが抜けている

1つめは、コンセントが抜けていることです。

「そんな簡単なミスを見逃す?」と思われるかもしれませんが、テレビのコンセントは生活の中で見える位置にあることが多いです。

そのため、子どもが部屋で遊んでるときに抜けかけてしまうことや、他のコンセントを付けているときなどに抜けてしまうことがあるのですよね。

初歩的なミスではありますが、リモコンで電源を付けても、テレビが一切反応していない場合はコンセントを一度確認してみましょう。

【対処法】

〇テレビがまったく反応しない場合は、コンセントを確認する

 

 

2.接続ケーブルが抜けている

2つめは、接続ケーブルが抜けていることです。

1つめの状況と同じように掃除や模様替え、子どもが遊んでいるときなどにテレビの裏面にある接続ケーブルが抜けてしまうことがあります。

液晶テレビの裏側

接続ケーブルだけが抜けている場合は、テレビの電源は付くはずなので、「テレビは反応しているけど映像や音が出ない…」という場合は、テレビの裏面を確認してみましょう。

ただし、接続ケーブルが古くなっている場合は、ケーブル自体が故障している可能性があります。

「接続ケーブルにねじれが起きている」「ケーブル内の配線が見えていて断線の症状がある」という場合には、接続ケーブルの買い替えも検討してみましょう。

【対処法】

  • テレビの裏面にある接続ケーブルを確認する
  • 接続ケーブルが古くなっている場合は、ケーブルの買い替えを検討する。

 

3.入力切替が正しく行われていない

3つめは、入力切替が正しく行われていないことです。

こちらは地デジの他に、「CS放送」や「地域限定のコミュニティチャンネル」などを試聴している人に多い原因になります。

ケーブルテレビなどの窓口には、実際にこの入力切替がうまくできていないことが原因で、毎日多くの問い合わせが届くようです。

入力切替とは、画像の赤枠部分にもある「テレビ」「入力1」「入力2」と表示されている部分ですね。

液晶テレビ

たとえば、地デジ放送を見たいのに何も設定していない「入力3」にカーソルを合わせても、何も放送されません。

入力切替はご存じの方も多いとは思いますが、よくある原因の1つなので、心当たりのある方は確認してみてください。

【対処法】

〇入力切替を確認し、見たいチャンネルに正しく設定する

 

 

4.引っ越した後にチャンネル設定をしていない

4つめは、引っ越した後にチャンネル設定をしていないことです。

これもよくある原因なのですが、地域によって電波の周波数が異なるので、引っ越した後にはチャンネル設定をする必要があります。

電波の周波数が違えば、もちろんテレビも映らなくなってしまうので、取扱説明書を見てチャンネル設定を行いましょう。

【対処法】

  • 引っ越し後にチャンネル設定をしていない場合は設定する
  • 引っ越し後でテレビ線が抜けている可能性もあるので、確認する

 

症状別の対処法を紹介!不具合はどのように解決する?

液晶テレビが映らない原因と対処法を解説したところで、次は症状別(音は出るけど映像が映らないなど)の対処法を紹介していきます。

どちらも対処法を紹介しているので、被るものはあるかもしれませんが…

こちらの方が症状が明確になっているため、試すべき対処法も見つけやすいと思います。

以下の3パターンを紹介していくので、当てはまるものを選んで、それぞれの対処法を試してみてください。

音は出る映像は見える
パターン1×
パターン2×
パターン3××

 

【パターン1】音は出るが、映像が映らない場合

1つめのパターンは、「音は出るが、映像が映らない場合」です。

この場合は接続ケーブルの接続不良や、配線ミスが考えられます。

接続ケーブルの接続不良については、先述している「2.接続ケーブルが抜けている」と同じになります。

配線ミスについては、たとえば地デジ放送を見るためのケーブルを、CS放送の接続場所に差していたら、映像は映りませんよね。

このような接続ミスであればカンタンに直るので、一度確認してみてください。

【対処法】

  • テレビの裏面にある接続ケーブルを確認する
  • 接続ケーブルが古くなっている場合は、ケーブルの買い替えを検討する
  • 正しい場所に配線できているかを確認する

 

【パターン2】映像は映るが、音が出ない場合

2つめのパターンは、「映像は映るが、音が出ない場合」です。

この場合はテレビの音量設定が間違っている、もしくはスピーカー端子にヘッドホンなどが接続されていることが考えられます。

何かの拍子にリモコンの消音設定を押していませんか?

もしくはテレビの音量が0になっているなど、リモコンがどこかに挟まることでボタンの誤作動を起こすことがあるので、一度確認してみてください

他にも誰かと同居している場合、テレビのスピーカー端子にヘッドホンが接続されていることで、スピーカーから音が出ないなど…

テレビの音が出ない原因は音声ケーブルの接続不良などもあり、複数の対処法が考えられます。

こちらも下記に対処法をまとめていますので、音が出ない場合は順番に試してみましょう。

【対処法】

  • テレビが「消音」設定になっていないかを確認する
  • テレビの音量が「0」になっている可能性があるので、音量を上げてみる
  • スピーカー端子にヘッドホンなどが差さっていないかを確認する
  • 音声ケーブルは正しく接続されているか
  • 音声ケーブルを抜き差しする。それでもダメなら再起動を行う

 

【パターン3】音も出ないし、映像も映らない場合

3つめのパターンは、「音も出ないし、映像も映らない場合」です。

この場合の対処法としては、ここまでのまとめのような形になります。

「電源が正しく入っているか」「接続ケーブルの接続不良はないか」「チャンネル設定は行えているか」など…

まずは下記の対処法をひと通り試してみて、それでもダメなら買い替えを検討することをおすすめしています。

【対処法】

  • テレビがまったく反応しない場合は、コンセントを確認する
  • テレビの裏面にある接続ケーブルを確認する
  • 正しい場所に配線できているかを確認する
  • 入力切替を確認し、見たいチャンネルに正しく設定する
  • 引っ越し後にチャンネル設定をしていない場合は設定する
  • 音声設定や、スピーカー端子を確認する

 

液晶テレビは買い替えがおすすめ!お得に買い替える方法とは?

液晶テレビの寿命は約10年と言われています。

ここまでに紹介した対処法をすべて試してもダメで、さらに10年以上使用している場合は寿命による故障の可能性があります。

その場合は、修理か買い替えの2つの選択肢から選ぶことになります。

ただし、文中でも何度かお伝えしているように、液晶テレビは「修理ではなく買い替えをおすすめ」しています。

なぜなら、修理するよりも買い替える方がお得なケースが多いのですよね。

「実際にどれだけお得なのか」を知りたいと思うので、これから修理と買い替えの費用を比較していきます。こちらもあわせてご覧ください。

修理にかかる費用

液晶テレビを販売している「SHARP」の公式サイトに、修理費用の目安が掲載されていたので、引用させていただきました。

症状画面サイズ修理料金の目安

リモコン関連の症状

リモコンが効かない/リモコンで操作ができないなど

32型以上

24,000円~10,000円(税込)

リモコン不具合の場合は、11,000円~7,500円(税込)

30型以下

17,000円~8,000円(税込)

リモコン不具合の場合は、11,000円~7,500円(税込)

電源関連の症状

電源が入らない/電源が勝手に切れる/電源ランプが点滅するなど

32型以上24,000円~17,000円(税込)
30型以下17,000円~11,000円(税込)
映像関連の症状
映像が出ない/映像が乱れる/画面が暗いなど
32型以上24,000円~17,000円(税込)
30型以下17,000円~11,000円(税込)

音声関連の症状

テレビから音声が出ないなど

32型以上24,000円~12,000円(税込)
30型以下17,000円~11,000円(税込)
放送受信関連の症状
放送の受信ができない/アンテナのエラーが表示されるなど
32型以上24,000円~17,000円(税込)
30型以下17,000円~14,000円(税込)
BD/DVDディスク関連の症状(BD内蔵機)
録画・再生ができない/取り出しできない/初期化できないなど
BD内蔵機
52型~20型
20,000円~24,000円(税込)

出典:液晶テレビ 出張修理概算料金

テレビ画面の大きさにもよりますが、液晶テレビの修理費用は1〜2.5万円になります。

他の大手メーカーの修理費用についても調べたところ、どこのメーカーのSHARPと同価格帯の費用となっていました。

競合メーカーで修理費用に大きな差を付けることはあまりないため、上記の費用をイメージしておけば間違いないでしょう。

買い替えにかかる費用

次は、買い替えにかかる費用を紹介していきます。

液晶テレビは、画面の大きさによって相場が変わります。以下に相場を並べてみたので、まずはこちらをご覧ください。

画面サイズ相場
小型〜32インチ1〜3万円
32〜42インチ3〜5万円
50〜65インチ10〜25万円

50〜65インチの大型テレビは10〜25万円が相場になるので、使用年数が低い場合は修理したほうがお得かもしれませんが…

一般的なサイズであれば、5万円までにおさまる製品はたくさん販売されています。

たとえば、32インチのテレビが3万円で購入できるとしたら、修理費用とそこまで変わらないですよね。

さらに買い替えをする場合は、下取りに出すことで1万円以上の割引を受けることもできます。

「下取りチェッカー」というツールを使うことで、今お持ちの液晶テレビの下取り価格を60秒ほどで調べることも可能です。次の項目で紹介しているので、買い替えを検討している場合は参考にしてみてください。

下取りチェッカーで下取り金額を確認してみよう

下取りチェッカー バナー液晶テレビの買い替えをしたいと思ったら、まずは「下取りチェッカー」を利用して下取り価格を確認してみてください。

下取りチェッカーは、誰でも簡単に家電の下取り価格を調べられるサービスです。LINEまたはWEBを利用して型式や状態を入力すれば、すぐに下取り価格が分かります。

下取りチェッカー

1.面倒な登録は不要ですぐチェックできる

下取りチェッカーを利用するのに面倒な登録はいりません。LINEまたはWEBで型式や状態を送るだけでササっと下取り価格をチェックできます。

また下取りチェッカーはデジタル家電専門店「ノジマ」と業務提携を行っているため、新しい液晶テレビをノジマで選んでいただければ、納品時に本体価格から差し引いて下取りを行えます。

手軽かつお得に液晶テレビを買い替えることができるため、おすすめです。

2.下取り価格がしっかりしている

下取りチェッカーの特徴として、「下取り価格がしっかりしている」という点が挙げられます。

下取りチェッカーの下取り価格は、中古相場のデータをもとに算出されているため、相場に基づいた信頼性の価格が付きます。ぜひ、安心してご利用ください。

下取り価格に疑問があったら、ぜひお近くのリサイクルショップの査定価格と比較してみましょう。

3.フリマアプリよりも簡単!

液晶テレビを処分する場合にフリマアプリを利用する方も多いかと思いますが、下取りチェッカーはフリマアプリよりも簡単に処分が可能です。

フリマアプリで液晶テレビを売却するのには手間もかかりますし不安もありますよね。出品しても必ず売却されるとは限りません。

下取りチェッカーならササっと買取価格をチェックでき、価格を見て処分するかどうか決められるため手軽で安心です。

まずは下取りチェッカーで自分の液晶テレビの価格をチェックしてみてください。

\LINEの友だち登録はこちらから/

 

\WEB査定はこちらから/

下取りチェッカー

下取りチェッカーはこちら

まとめ

今回は、液晶テレビが映らない原因や症状別の対処法について解説してきました。

最後にもう一度、本記事の内容をまとめておきます。

  • 液晶テレビが映らない主な原因は、ケーブルの接続不良や設定ミスによるものが多い
  • 具体的な原因は、「接続ケーブルが抜けている」「入力切替を間違えている」「引っ越し後にチャンネルの設定をしていない」など
  • 対処法としては、「ケーブル類の接続」「配線ミスや設定ミスがないか」を1つずつ確認していくこと
  • 液晶テレビが故障している場合は、修理よりも買い替えがお得
  • 下取りチェッカーを使うことで、下取り価格をすぐに調べられるため、便利+お得な方法を選びやすい

液晶テレビが映らないトラブルは確認するポイントを押さえることで、すぐに改善することが多いです。

家電が壊れることはあまりないので、焦ってしまいがちですが、本記事を参考にしながら冷静に対処してみてください。

コメント

家電いつでも下取り査定

でかしこく買い替えよう

でかしこく買い替えよう