エアコンのベストな買い替え時期は春&秋!10年越えユーザー必見!

author-avatar
下取りガイド Admin
エアコンと女性のイラスト

「古いエアコンをそろそろ買い替えたいけれど、エアコンのベストな買い替え時期っていつなんだろう?」

「最近冷房があまり効いていない気がする!新しいエアコンに替えたいけれど、一番お得な買い替え時期ってあるのだろうか?」

あなたは今、古いエアコンを前にしてこんな風にお考えではないでしょうか?

結論から申し上げると、エアコンの寿命は約10年のため、10年を越えたら買い替えを検討した方がいいでしょう。また、新しいエアコンを購入する際のもっともベストな時期は、春と秋になります。

なぜなら、春と秋はシーズン的にも混雑が少なく、さらにエアコン本体がリーズナブルに売りに出される可能性の高い時期だからです。

そこで今回は、ご自宅のエアコンを少しでも良いタイミングで買い替えたいと思っている方に向けて、エアコンのベストな買い替え時期について下記の内容をご紹介していくことにします。

この記事でわかること

●エアコンの買い替え時期の判断は「標準使用期間」(約10年)を越えているかどうか

●エアコンの交換が必要なトラブルサイン

●エアコンをお得に買い替えるなら春か秋がおすすめ

●エアコンの買い替えをした方がいい基準を紹介 など

この記事を読めば、エアコンの買い替えにベストな時期を知ることができ、無駄なくお得に新しいエアコンを購入することができます。

ぜひ本格的な夏が来る前に、エアコンの買い替えを積極的に検討してみましょう!

\下取り品の高額査定が続出中!/

「PR」ノジマで買い替えると最大7万円の買取キャッシュバック!

冷蔵庫を買い替えるなら下取りチェッカー

下取り値引きと買取キャッシュバックはなにが違うの??

例)シャープ 5ドア冷蔵庫 SJ-X416J をデジタル家電専門店ノジマで購入する際 

ノジマWEBチラシ冷蔵庫

引用:ノジマのWEBチラシ

販売価格(税込)          195,800円
下取りありで最大          -30,000円
さらに下取り品が買取対象なら最大  -70,000円 の買取キャッシュバック!

※2022年8月現在のサービス内容です。予告なく変更することがございます。

下取り値引きとは…壊れていても、古くても下取り品があれば値引きの対象。
買取キャッシュバックとは…下取り品の買取サービスです。買い替えるまえに下取りチェッカーを利用して査定証明を取得する必要がございます。

※買取キャッシュバックサービスは、株式会社ノジマと株式会社アシストが提携して提供している下取りサービスです。下取チェッカーに関するご質問やご連絡は株式会社アシストまでお問い合わせください。

\自動査定だから、24時間対応/

下取りチェッカー

 

1.エアコンの買い替え時期の鍵は「標準使用期間」を越えているか

壊れたエアコンのイラスト

冒頭でもお伝えしたように、エアコンの買い替え時期はほとんどが約10年となっています。

というのも、エアコンにはそれぞれ「標準使用期間」が設けられており、その目安が10年のものが多いからです。

 

次項で詳しく解説しましょう。

1-1.「標準使用期間」とは

 

「標準使用期間」とは、エアコンを安心・安全に使用できる期間のことを指します。

ほとんどのエアコンメーカーでは10年と定めています。

 

ただし、10年を越えるとすぐに使用できなくなるのかというとそうではありません。

 

あくまでも、標準的な環境のもと、10年使用した場合の「設計上」の年数であるため、この期間を越えても使用できるエアコンは多くあります。

 

しかし、その分本体の経年劣化による発火やケガなどが起こるリスクが高まるため、注意が必要です。

「標準使用期間」を調べるには?

ご自宅のエアコンの下部をご覧いただくと、下記のようなラベルが貼ってあります。

このうち、「設計上の標準使用期間」をご確認いただくと年数がおわかりいただけます。

エアコンのモデル・製造年表記

ただし、2009年より前の製品についてはこうした表示がされていない可能性があります。

(2009年から「長期使用製品安全表示制度」が定められ、下記のような詳しい注意喚起が始まったため。)

 

その場合は、「製造年」のみ記されているケースが多いので、そこから10年を足してご自身でご判断ください。

1-2.使用10年を越えると修理は不可能

 

「標準使用期間」を越えると、製品の劣化が進むだけではなく、エアコンが故障してもメーカー側で修理対応ができなくなります。なぜなら、エアコン修理に必要な部品の在庫がなくなってしまうからです。

 

メーカー側は、「標準使用期間」内の製品部品であれば、当然在庫を確保していますが、その期間を過ぎてしまうと、たとえ対応製品の部品が在庫切れになったとしても、追加で生産・入荷はしません。

 

そのため、運よく部品が残っていればいいのですが、そうでない場合は修理ができなくなってしまうのです。

 

このことから、エアコンの買い替え時期を判断する材料の1つとして、「標準使用期間」を目安にすることをおすすめします。

2.「標準使用期間」内でも交換が必要なトラブルサイン4つ

調子の悪いエアコンのイラスト

たとえ「標準使用期間」内であっても、エアコンが故障することもあります。

その際は、迷わず新しいものを購入する必要があります。

 

それでは、一体どのような症状があれば、エアコンの故障を疑った方がいいのでしょうか?

ここでは代表的なトラブルサインを4つご紹介します。

2-1.温度が温まらない・冷えない

 

もっとも気づきやすいサインとしては、エアコンを動かしているにもかかわらず、気温がまったく温まらない(下がらない)ことでしょう。

 

たとえば真夏日に、室温を下げて設定したのに、いつまでも部屋が冷えず蒸し暑いままだったという経験はありませんか?

 

こうした症状が何度も続くようであれば、エアコンの故障が考えられます。

2-2.変な音がする

 

エアコンから変な音が漏れるのもトラブルサインの1つです。

「キーン」「コポコポ」「ガタガタ」など、普段とは異なる音が聞こえてきたら、内部で不具合を起こしている可能性があります。

 

場合によっては、内部の掃除をするだけで解決する可能性もありますが、より深刻なトラブルを起こしている場合は、一度修理業者に点検してもらい、場合によっては買い替える必要があります。

2-3.リモコンの電池を替えても操作ができない

 

リモコンの電池を替えてもうまく操作できないのは、エアコン本体が故障している可能性があります。

 

リモコンで操作できない場合は、まず以下のことをお試しください。

①リモコンとエアコン受信部の間に、カーテンや壁など遮るものがないか調べる

②リモコン受信部に直射日光など、強い光があたっていたら離す

③リモコンのリセットボタンを押してみる

上記の対応でもエアコンが動かなかった場合は、買い替えのタイミングなのかもしれません。

2-4.室内機から水が漏れる

 

エアコン(室内機)から水漏れが起こる故障もあります。

 

水漏れのもっとも大きな原因は、ドレンホース(室内機から外へと排水されるためのホース)のトラブルが多いのですが、エアコン室内機内部の故障が原因の場合もあります。

 

ドレンホースのトラブルであれば、詰まりを吸い出して清掃する、ホースの曲がりをまっすぐにするなど様々な対処法で解決する場合がありますが、内部故障の場合は、使用者がどうこうできるものではありません。

 

すみやかに修理業者に依頼するか、買い替えを検討する必要があるでしょう。

3.エアコンをお得に買い換えるベストな時期は春か秋

エアコンのリモコン 3DCGイラスト

いざ「エアコンを買い替えよう!」と決めたなら、買い替えにベストな時期を見極めることが大切です。シーズンによっては、エアコンの買い替えをおすすめできる時期とできない時期がありますので、後になって「失敗した!」と悔やまないよう、ここで見ていきましょう。

3-1.おすすめの時期は春か秋

 

エアコンの買い替えにおすすめな時期は、春か秋です。

もっと具体的に言うならば、2月~3月もしくは10月~11月の時期がいいでしょう。

 

理由は2つあります。

3-1-1.エアコンが安くなる

 

1つめの理由は、エアコンが比較的安く購入できる時期だからです。

ただしここでいうエアコンとは、最新型ではなく「型落ち品」に限ります。

 

多くのエアコンは、春(2月~3月)や秋(10月~11月)に最新モデルが出ますが、一方型落ち品を見ると、比較的リーズナブルな価格設定になっていきます。

 

そのため、最新機種にこだわらない方であれば、この時期を狙ってエアコンを購入することで、予想よりも安くエアコンを手に入れることができるのです。

 

3-1-2.春か秋であればじっくり選ぶことができる

 

また、春や秋は気温的にも過ごしやすい時期であることが挙げられます。

そのため、エアコンの購入や設置まで多少時間がかかったとしても、エアコンなしで過ごせる気温なので、焦ることなく買い替え準備を進めていくことができます。

3-2.夏・冬の買い替えをおすすめできない理由

 

逆に、エアコンの買い替えでおすすめできない時期は夏と冬です。

こちらも理由が2つあります。

3-2-1.繁忙期はエアコン設置の予約が取りにくい

 

真夏や真冬、特に6月~8月は、エアコンを購入して設置しようとする方が急増するため、予約が大変混み合います

 

場合によっては、1か月待ちという状況もありますので、繁忙期でのエアコン購入・設置はおすすめできません。

3-2-2.夏や冬は気温的に過ごしにくい

 

夏や冬は、気温的にエアコンなしでは過ごしにくい季節だからです。

 

エアコン設置後になんらかのトラブル・不具合があった場合、修理して直すまでに多少の時間がかかります。その間エアコンなしで過ごすには、夏と冬はあまりにも不適切な季節だと言えるでしょう。

 

4.エアコンを買い替えるべき3つの判断基準

お話しする男女のイラスト

エアコンが故障したら、「買い替え」か「修理するか」で悩まれる方も多いことでしょう。

ここでは、その判断基準を2つに絞りました。

ぜひ参考にしてみてくださいね

4-1.製造から10年越えているかどうか

 

1-1.「標準使用期間」とは」でもお伝えしたとおり、エアコンの「標準使用期間」(ほとんどのメーカーが製造から10年と定めている)を越えて故障したものであるならば、そろそろ買い替えを検討しましょう。

 

買い替えをすすめる理由として、無理矢理修理をしたとしても、エアコン本体の経年劣化により、再び不具合を起こす可能性があるからです。

 

また、修理をしたくても、「標準使用期間」を越えたエアコン機種は、壊れた箇所の部品がメーカーの在庫にない可能性も大いにあります。

 

そのため、修理費用をかけて修理をするよりも、思い切って新しいエアコンを購入した方が賢明だと言えるでしょう。

4-2.保証期間がどれぐらい残っているか

 

製品の保証期間がどれぐらい残っているのかを確認するのも、1つの買い替え判断の目安になります。

 

とはいえ、製品自体の保証期間はどのメーカーでも「購入から1年」というのが当たり前になっているため、1年未満に故障したのでなければ、保証期間のことは気にせず、買い替えを進めた方がいいでしょう。

 

ただし購入した家電量販店によっては、メーカー保証が切れたあとでも「5年保証」「10年保証」など独自の保証期間を設けているところもあります。

 

エアコン購入時に、このような「長期保証」に加入していたのであれば、その保証期間内であれば修理費用も抑えることができますので、一度その点を確認してみて、改めて新しいエアコンを購入するかどうかを検討されるといいかもしれません。

保証書のイラスト

4-3.節電効果のある新しいエアコンでコストカットしたいかどうか

 

古いエアコンに比べて最新型のエアコンは、消費電力を抑えることができるため、月々の電気代が少し安くなります。

 

毎日の電気代が気になる方は、この機会に最新型のエアコンを検討するのもいいかもしれません。

 

たとえば、Panasonicとダイキンのエアコン(8畳タイプの場合)を例に挙げてみると、その違いがわかります。

 

【ダイキンの場合】

発売年

型番

(8畳用)

期間消費電力

1年間の電気代

1年間あたりの

電気代差額

2012年

S25NTES

864kWh

23,328円

3,969円

2022年

AN25ZRS

717kWh

19,359円

主要電力会社10社の平均単価である「27円/kWh」で計算

 

【Panasonicの場合】

発売年

型番

(8畳用)

期間消費電力

1年間の電気代

1年間あたりの

電気代差額

2012年

CS-F252C

849kWh

22,923円

4,671円

2022年

CS-LX252D

676kWh

18,252円

主要電力会社10社の平均単価である「27円/kWh」で計算

 

上記によると、たとえばダイキンの場合は、2012年製のエアコンと2022年製のエアコンの年間電気代を比較した場合、1年で3,969円の差が出ることがわかります。

 

さらにPanasonicの場合を見ても、2012年製のエアコンと2022年製のエアコンとでは、年間の電気代の差額は、4,671円になります。

 

1年間の節約代としては、そこまで大きな金額ではないかもしれませんが、これが10年間続くと考えるととても大きな金額差になってきますよね。

 

このような節約は、エアコンの機種を買い替えるだけで、無理なく行うことができるので、買い替えに迷われる方はこうした電気代の点も加味して、検討されることをおすすめします。

 

エアコンの消費電力が気になる方は

当サイトの別記事「エアコン 消費電力」(近日公開)も合わせてお読みください。各社エアコンの消費電力の比較や、消費電力から電気代を試算する方法などを詳しくご紹介しています。

 

5.エアコンの買い替えを保留にした方がいい場合

天秤のイラスト

一方、エアコンの買い替えを保留にして、修理依頼をした方がいい場合があります。

 

それは以下のような場合です。

・製造から10年を越えていない

・製品の保証期間が残っている

・修理費用がかかる場合、買い替え費用と比較してお得に修理できるかどうか

1つずつ説明していきましょう。

5-1.製造から10年を越えていない

 

エアコンが製造から10年を越えていない=「標準使用期間」内であるならば、買い替えをせず、ひとまず修理をして様子を見ることもできます。

 

「標準使用期間」内であるならば、修理対応に必要な部品もメーカー側で用意できるため、問題なく作業を進めていけます。

 

その際は、修理費用と買い替え費用とを比較して、長期的な目で見た時にどちらがよりお得であるかを判断することが重要です。詳しくはのちほど触れていきます。

5-2.製品の保証期間が残っている

 

製品の保証期間が残っている場合も、修理費用がかからないか、かかっても安く抑えられるため、ぜひこうした保証を活用することをおすすめします。

 

ただ、保証期間がうっかり過ぎている可能性もありますので、まずはお手元の保証書をチェックすることから始めましょう。

5-3.修理費用がかかる場合、買い替え費用と比較してお得に修理できるかどうか

 

エアコンを買い替えず修理するかどうかは、両者の費用を比較検討して決めてもいいでしょう。

 

たとえば、エアコンを新規で購入した場合の費用を見てみましょう。

 

新規でエアコンを購入した場合の費用

8畳用エアコンの場合

6万円台~11万円台

10畳用エアコンの場合

8万円台~12万円台

 

それでは、エアコンを修理した場合の費用はどれぐらいになるのでしょうか?

修理費用は故障の原因と修理内容によって大きく変動しますので、以下表はあくまで一例です。

 

エアコンの修理内容と修理費例

エアコンから風が出ない

約9,000円~約13万円

リモコンで操作しても動かない

約9,000円~約3万5000円

室内機から水漏れする

約8,000円~約13万円

参照:くらしのマーケット

 

上記を見ると、修理費用によっては買い替えをした方がお得な場合もあります。

 

さらに、買い替えて新機種にすることで、これまでより節電できることも考えられますので、こうした事例を参考にしつつ、いますぐ買い替えるべきか、修理で済ませるべきかをじっくり検討するのもいいでしょう。

6.まとめ

 

今回はエアコンの買い替え時期についてご紹介してきました。

 

エアコンの買い替え時期を見極める大きな判断材料として、「標準使用期間」を確認するようお伝えしましたが、その理由は以下の通りです。

・経年劣化が著しく出始める

・修理のための部品が在庫切れになる可能性がある

そのため、製造から10年以上経つ製品であれば、迷うことなく買い替えを検討されるといいでしょう。

 

また今回の記事では、エアコンを買い替えるのにお得な時期として、以下のシーズンをご紹介しました。

・春(2月~3月)

・秋(10月~11月)

上記のシーズンであれば、型落ち品であるエアコンが、通常よりも安く購入できる可能性があるのでおすすめです。

 

また、季節的にも春と秋であれば、エアコン設置工事も空いていますので、繁忙期よりも待ち時間も少なく買い替えできるでしょう。

 

この記事が、エアコンの買い替えをスムーズにする一助になれれば幸いです。

コメント

家電いつでも下取り査定

でかしこく買い替えよう

でかしこく買い替えよう