空気清浄機の買い替え時期とは?お得に買い替える方法と選び方を解説

author-avatar
私が書きました 駒田
空気清浄機のある部屋

「ずっと同じ空気清浄機を使っているけど買い替えた方がいいの?」

「壊れていないのに買い替えるのはもったいない気がする…」

「なんとなく部屋のニオイが取れていない気がするけどそろそろ寿命?」

 

など、空気清浄機の効果は目に見えないことから、本当に買い替える必要があるのかわからないという人も多いのではないでしょうか?

 

空気清浄機は脱臭や花粉の除去といった空気をきれいにすることが目的なので、空気清浄機のフィルターの寿命が買い替え時期のポイント。

 

フィルターの寿命を10年としているメーカーが多いので、空気清浄の機能に問題がなければ買い替え時期の目安は10年となります。

 

しかし、寿命ではないからといって古い空気清浄機を使い続けていると、本来の効果が発揮されずに空気がきれいになっていない可能性があります。

 

空気清浄機のトラブルはフィルター等の掃除や交換で解決する場合もありますが、それでも以下の「買い替え」の項目の問題が解決しない場合は、空気清浄機の買い替えが必要です。

買い替え 必要 不要

「空気清浄機の機能が低下しているかどうか判断しにくい」「フィルター掃除の方法がわからない」という人もいるかと思いますので、この記事では以下の内容について詳しく解説していきます。

 

  • 空気清浄機の買い替え時期は10年が目安
  • 空気清浄機の買い替え時期のサイン
  • 空気清浄機の買い替え前にまずはフィルターをお手入れしてみよう
  • 空気清浄機をお得に買い替える方法
  • 空気清浄機の買い替え時におさえておくべき3つの選び方のポイント
  • 買い替えにおすすめの空気清浄機5選

 

空気清浄機の買い替えが必要になった場合のお得な買い替え方法や、選び方のポイントについても紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

1.空気清浄機の買い替え時期は10年が目安

空気清浄機と観葉植物

空気清浄機の寿命は本体が10年、フィルターはメーカーによって異なりますが多くのメーカーが10年に設定しています。

メーカー別 フィルター耐用年数

一般的な空気清浄機や加湿付き空気清浄機のフィルターの寿命は10年ですが、表のようにウイルスや花粉・PM2.5などを除去できる特殊な機能と、消臭などのフィルターが一体化している場合は買い替え時期が異なります。

 

1年〜2年で本体を買い替えるというわけではなくフィルターの交換目安の時期なので、本体に問題がなければフィルターの交換だけでOKです。

 

フィルターのみの価格は3,000円〜4,000円前後。空気清浄機を本体ごと買い替えるよりも安いのですが、「短いスパンでの交換は面倒」「ついつい忘れて使い続けてしまう」という方は、購入する際に「耐用年数」という項目を確認しておくことをおすすめします。

 

2.空気清浄機の買い替え時期のサイン

空気清浄機のイラスト

先ほど紹介した空気清浄機の10年という寿命はあくまでも目安です。

 

例えば、シャープの公式サイトによると、1日にタバコを10本吸う場合はフィルターの寿命は5年に縮まると公表していることから、使用環境によって買い替え時期が異なることがわかります。

 

フィルターの耐用年数に満たなくても、以下のようなトラブルを感じたら買い替えが必要な場合があります。

空気清浄機のトラブル

ただし、上記にあてはまる場合でもフィルター等の掃除や交換を行うことで問題が解決するケースもあるので、まずは「3.空気清浄機の買い替え前にまずはフィルターをお手入れしてみよう」の内容を試してみてください。

 

本章では、空気清浄機の性能の低下を実感しにくいという方も多いかと思いますので、買い替えるべきか判断できるように各買い替え時期のサインについて詳しく解説していきます。

 

2-1.部屋のニオイが取れない

外から帰ってきて部屋のドアを開けた瞬間に、生活臭やペット臭などの嫌なニオイを感じませんか?

 

空気清浄機で脱臭できる主なニオイは以下の成分ですが、

 

〈空気清浄機で脱臭できるニオイ〉

  • 体臭
  • タバコ臭
  • ペット臭
  • 調理臭
  • 生ゴミ臭
  • アンモニア臭

 

これらのニオイが気になるのであれば、空気清浄機としての機能が低下していると言えます。

 

空気清浄機は1日の空気の汚れをタバコ5本分として換算して作られているので、それ以上紙タバコを吸う・焼肉などの煙がよく出る調理をする機会が多いというご家庭では、数週間から数ヵ月でフィルター交換が必要となる場合もあります。

 

フィルターの掃除を行うことで消臭効果がアップする可能性があるので、買い替えの前に「3.空気清浄機の買い替え前にまずはフィルターをお手入れしてみよう」の内容を試してみてください。

 

2-2.アレルギー症状が外出先と変わらない

空気清浄機には以下のような物質を除去する効果がありますが、

 

〈空気清浄機で除去できる物質〉

  • 花粉
  • ハウスダスト
  • ダニの死骸やフン
  • ペットの毛
  • PM2.5
  • ウイルス
  • 細菌やカビ

 

外出先から帰ってきてもアレルギー症状(くしゃみ・鼻水など)が落ち着かない場合は、除去機能が低下している可能性があります。

 

空気清浄機はアレルギー対策にとても有効なので、アレルギー除去を目的に使用している方も多いかと思いますが、フィルターの寿命や汚れでせっかくの機能を十分に使えないというのはもったいないですよね。

 

こちらのトラブルも、フィルターの掃除を行うことで空気の清浄機能がアップする可能性があるので、買い替えの前に「3.空気清浄機の買い替え前にまずはフィルターをお手入れしてみよう」の内容を試してみてください。

 

2-3.空気清浄機からカビ臭いニオイがする

空気清浄機は、フィルターを通してニオイの元や花粉などの物質をキャッチして、きれいな空気を部屋に送っています。

 

つまり、フィルターには汚れがいっぱい。ダイキンの公式サイトによるとフィルターのお手入れ頻度は2週間に1回・シャープの公式サイトによると1ヵ月に1回を推奨しています。

 

どちらにしてもメンテナンスの頻度が多くて面倒に感じてしまいますが、フィルターのお手入れを怠ったまま使い続けてしまうと、空気中にカビなどのウイルスが放出されてしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

カビを体内に吸い込んでしまうと、喘息やアレルギーなどを発症する原因につながる恐れがあるので、手間ではありますが定期的なお手入れをおすすめします。

 

空気清浄機のフィルターのお手入れ方法は、「3.空気清浄機の買い替え前にまずはフィルターをお手入れしてみよう」の内容をご確認ください。

 

2-4.空気清浄機から異音がする

空気清浄機から、

  • 「カタカタ」
  • 「ガタガタ」
  • 「キュルキュル」

といった異音に関するトラブルの多くは、加湿付き空気清浄機の加湿フィルターが汚れている・正しく取り付けられていないことが原因です。正しい取り付け方については、お使いの空気清浄機の取扱説明書を確認してみてください。

 

加湿フィルターのお手入れ頻度は、シャープの公式サイトによると1ヵ月に1回程度。水でサーっと流すだけでOKです。

 

ただし、長い期間お手入れをしていない加湿フィルターは、ニオイや汚れが付着している可能性があるので、そのような場合は以下の方法をお試しください。

空気清浄機のトラブル症状

つけ置き後は重曹やクエン酸が残らないように十分に水ですすいでください。

 

2-5.電源が入らない

まずは、電源プラグを差し込み直したり、チャイルドロックがかかっていないか確認してみましょう。それでも空気清浄機の電源が入らないのであれば、部品の故障か寿命の可能性があります。

 

空気清浄機本体の寿命は10年程度と紹介しましたが、使用環境によってはもっと早く買い替え時期がくることもあります。

 

まだ買ってから1年〜2年しか経っていないのに電源が入らなくなったという場合は、不良品や故障の可能性があるのでメーカーに問い合わせてみましょう。

 

ただし、部品交換などの修理には10,000円〜20,000円の費用がかかるので、不良品などによる無償修理でなければ買い替えの検討をおすすめします。

 

※空気清浄機の買い替えについては「【空気清浄機】寿命の目安と買い替え時期を判断する5つのポイント」こちらの記事でも詳しく解説しています。

 

3.空気清浄機の買い替え前にまずはフィルターをお手入れしてみよう

空気清浄機のフィルターを取り出す手

空気清浄機に以下のようなトラブルを感じたら、フィルターの汚れが原因の可能性があります。

空気清浄機のトラブル

空気清浄機はフィルターを通して汚れた空気をきれいにするので、フィルターが汚れていると効果が低下してしまいます。

 

フィルターをきれいにすることで問題を解決できるケースが多いので、まずはフィルターのお手入れ手順に沿って掃除をしてみてください。

 

〈フィルターのお手入れ手順〉

❶フィルターを取り出す前に運転を停止して電源プラグを抜く

❷パネルを外してフィルターを取り出す

※フィルターの場所はお使いの空気清浄機によって異なるので取扱説明書を確認してください。

❸フィルターの両面を掃除機で吸引する

❹フィルターが2枚装着されている場合は同様に掃除機で両面吸引する

 

空気清浄機のフィルター掃除の手順はこれだけなのでとても簡単です。家の掃除のついでにできてしまうので、2週間〜1ヵ月に1回を目安にお手入れをしてみてください。

 

どうしてもニオイが気になるようであれば、日陰で1日程度風にあてておきましょう。

 

長年お手入れをしていないフィルターはついつい水洗いしたくなってしまいますが、空気清浄機のフィルターは水洗いできないものが多いので要注意。

 

水洗いをしてしまうと性能が落ちてしまう可能性があるので、フィルターの黄ばみが取れない・カビが生えているなど、汚れがひどい場合はフィルターの買い替えをおすすめします。

 

フィルターを新しいものに交換しても問題が解決しない場合は、本体の寿命が考えられるので買い替えを検討してみてください。

4.空気清浄機をお得に買い替える方法

財布と計算機を持った女性

フィルターの掃除や交換をしてもトラブルが解決しない場合は、空気清浄機を買い替える必要があります。

 

しかし、空気清浄機も安い買い物ではないので、できるだけお得に買い替えたいですよね。そこでおすすめしたいお得な買い替え方法は2つ。

  • 型落ちを狙う
  • 下取りで買い替える

新しい空気清浄機を少しでも安く購入したい人や、古くなった空気清浄機を売却して購入資金にあてたい人はぜひ参考にしてみてください。

 

4-1.型落ちを狙う

空気清浄機は新作が9月〜10月ごろに発売されるので、新作発売直前から型落ちした商品が格安になります。

 

型落ちした商品を売り切るために、1万円前後で販売されている商品もあるので、新作が出たメーカーをチェックしておくことをおすすめします。

 

新作を安く購入したいのであれば発売から3ヵ月後と6ヵ月後に安くなるので、9月に新作が発売された場合は12月と3月の安い時期が狙い目です。

 

さらに、家電量販店のセール時期【決算時期の3月・9月、ボーナス時期の6月、年末年始の1月・12月】も狙い目。

空気清浄機のセール時期

セール期間を逃してしまうと型落ちの商品でも安く購入することができないので、空気清浄機を底値で購入するのであれば、

  • 型落ちは9月〜10月
  • 新作は発売から3ヵ月後と6ヵ月後

この時期を狙ってお得に購入してみてください。

 

4-2.下取りで買い替える

古い空気清浄機を処分して新しいものに買い替えるのであれば、「下取り」という方法がおすすめです。

 

下取りとは、古い空気清浄機を家電量販店に買い取ってもらい、新しい空気清浄機の購入金額から売却金額を差し引いてくれるシステムです。

 

家電や電化製品の知識があるスタッフが査定してくれるので、商品の価値に見合った価格で買い取ってくれるのが最大の魅力。

 

家電を処分するとお金がかかってしまったり、リサイクルショップに持っていくと格安で買い取られてしまうことがありますが、下取りなら人気の空気清浄機であれば15,000円〜20,000円で買い取ってもらえるので、買い替えるのであれば下取りがお得です。

 

適正価格で下取りするなら「下取りチェッカー」がおすすめ

下取りチェッカー サムネ

下取りチェッカーをおすすめする理由

❶市場価格に基づいた下取り金額で買い取ってもらえる

家電の買取は一律料金が基本ですが、「下取りチェッカー」は家電量販店のノジマと業務提携しているので、市場価格に基づいた適正な価格での下取りが可能です。

❷依頼は24時間LINEで受付できる

LINEで査定から申し込みができるので、24時間いつでも下取り査定を利用することができます。

❸納品時に古い家電を引き取ってもらえる

下取りに出す古い空気清浄機は納品時に引き取ってもらえるので、査定から納品までをワンステップで完了することができます。

下取りチェッカーで無料査定

 

5.買い替え時におさえるべき空気清浄機の選び方の3つのポイント

空気清浄機のある部屋

空気清浄機といっても多彩な機能やサイズがあるので、値段やメーカーだけで購入するのはNG。

 

選び方を知らないまま購入してしまうと、「全然部屋のニオイが取れなかった」「使わない機能が付いていた」といった失敗につながる可能性があります。

 

ご家庭にあった空気清浄機を選べるように、以下の3つのポイントをおさえておくと安心です。

  • ポイント①:必要な機能が付いた空気清浄機のタイプを選ぶ
  • ポイント②:空気清浄機のサイズは部屋の大きさの2倍の適応畳数を選ぶ
  • ポイント③:お手入れのしやすさで選ぶ

それでは、各ポイントの内容について詳しく解説していきます。

5-1.ポイント①:必要な機能が付いた空気清浄機のタイプを選ぶ

空気清浄機は主に4種類あるので、使用目的にあった空気清浄機のタイプを選びましょう。

空気清浄機のタイプ

普通の空気清浄機でも機能は十分優秀なのですが、さらに特化した機能を使いたい場合は、空気清浄機+αのタイプがおすすめです。

 

使わない機能が付いた空気清浄機を購入してしまうと、「フィルターの交換時期が短かった」「必要のない機能のためにお手入れの手間が増えた」などのデメリットがあるので、必要な機能が付いたものを選ぶと良いでしょう。

 

5-2.ポイント②:空気清浄機のサイズは部屋の大きさの2倍の適応畳数を選ぶ

空気清浄機を購入する時に、部屋と同じ適応畳数のサイズを選びがちですが、部屋の2倍の畳数に適応しているものを選ぶのがポイント。

 

空気清浄機の適応畳数は、日本電機工業会規格によって決められた「粉塵濃度の汚れを30分間で清浄にできる広さ」という規定があるので、短時間で空気をきれいにするには少し物足りません。

 

例えば、煙の多い調理をした時に消臭までに時間がかかってしまうと、部屋の壁や布製品にニオイが染み込んでしまうので、できるだけ早く消臭したいですよね。

 

また、ウイルス対策やアレルギー対策として空気清浄機を使用するケースでも、菌やアレル物質を早く除去できた方が効果的なので、

  • 消臭効果を実感したい
  • アレルギー症状が気になる
  • 感染症予防を徹底したい

など、スピーディーに部屋の空気をきれいにしたいという方は、部屋の2倍の適応畳数を選んでおけば安心です。

 

5-3.ポイント③:お手入れのしやすさで選ぶ

空気清浄機に使われているフィルターは、基本的に2週間〜1ヵ月に1回のペースでお手入れが必要です。

 

しかし、フィルターは目に見えない部分ということもあり、ついつい掃除をし忘れてしまう・掃除が面倒という人も少なくないのではないでしょうか?

 

できるだけお手入れの頻度を減らしてメンテナンスを簡単にしたいという人には、「自動掃除機能付き空気清浄機」がおすすめです。

 

自動でフィルターの掃除をおこなってくれるので、半年に1回程度ダストボックスにたまった粉塵を捨てるだけでOK。手間なくフィルターをきれいな状態でキープすることができます。

 

7.まとめ

空気清浄機の買い替えについて、もう一度ポイントをおさえておきましょう。

 

◯空気清浄機の寿命は本体が10年、フィルターを10年としているメーカーが多いが、フィルターの種類によって買い替え時期が異なる。

 

◯フィルターのお手入れ頻度

  • 空気清浄機フィルター:2週間〜1ヵ月に1回
  • 加湿フィルター:1ヵ月に1回

 

◯フィルターの交換やお手入れをしても、以下の問題が解決しない場合は買い替え時期

  • 部屋のニオイが取れない
  • アレルギー症状が外出先と変わらない
  • カビ臭いニオイがする
  • 異音がする
  • 電源が入らない

 

◯空気清浄機をお得に買い替える方法

  • 型落ちが安くなる9月〜10月が狙い目
  • 新作は発売から3ヵ月後と6ヵ月後が狙い目
  • 古くなった空気清浄機を下取りに出す

 

◯空気清浄機を買い替える時の選び方のポイント

  • ポイント①必要なタイプの空気清浄機を選ぶ

空気清浄機のタイプ

  • ポイント②スピーディーに空気をきれいにするために部屋の大きさの2倍の適応畳数を選ぶ
  • ポイント③お手入れの手間を最小限にしたいなら「自動掃除機能付き空気清浄機」がおすすめ

 

この記事を参考に、空気清浄機を買い替えるべきか判断し、自分に合った空気清浄機を見つけられることを願っています。

 

コメント

家電を買い替えるまえに

でかしこく買い換えよう

家電を買い替えるまえに

でかしこく買い換えよう

LINEで下取り価格を調べる